消費者志向経営

馬場新一 消費者志向経営とは、事業活動の全てを、顧客以外も含むあらゆる消費者に向き合うことである。以下で詳しく説明する。 消費者志向経営の定義 消費者志向経営の取組促進に関する検討会の報告書によると、「消費者志向経営」と […]

キャッシュリッチ

森直哉 近年、数多くの日本企業が現金・預金を過剰に保有していると報じられることが多い。2016年度までの5年間でフリーキャッシュフロー(余剰資金)の累積額が57.4兆円であるのに対して、同じ期間のペイアウト(配当と自社株 […]

確率的思考・統計的思考

清水玄彦 ビッグデータという言葉に接する機会が非常に多くなっている昨今、統計学の重要性がますます高まっていると考えられます。統計学は確率論を基礎としていることから、高等学校などでは「確率・統計」とひとくくりで教えられてい […]

Eurocurrency

Jittima TONGURAI The term ‘Eurocurrencies’ refers to domestic currencies of one country on deposit in a bank i […]

高頻度取引

音川和久 情報技術の目覚ましい発達は、投資家による株式売買のスタイルに大きな変化をもたらしている。その顕著な例が、高頻度取引(High Frequency Trade: HFT)である。高頻度取引とは、コンピュータで株価 […]

地方創生

島田智明 都市圏への人口集中を避けるべく、地方を活性化しようとする政策は、1970年代まで遡る。1972年の田中角栄首相の「日本列島改造論」に始まり、1980年の大平正芳首相の「田園都市国家構想」、1988年から1989 […]

ベルウェザー企業の決算発表

北川教央 ベルウェザー(bellwether)という言葉を辞書で調べると、「鈴付き羊」と説明されている。鈴の付いた羊は、群れを先導する役割を担っている。それゆえ、その羊の動きに注目することで群れ全体の動向を予想することが […]

トリプルメディア

栗木 契 トリプルメディアは、ソーシャルメディア時代のマーケティングやプロモーションの新しい概念である。ビジネスの現実を見通すのに、優れた理論やフレームワークが役立つのは、そこから実践のなかにひそむ秩序が見えてくるからで […]

機密コスト (proprietary cost)

松井建二 機密コスト(proprietary cost)とは、企業内部の機密情報(proprietary information)を外部に知られることにより、その企業が負担しなければならなくなるコストのことを意味する(注 […]