産業遺産

平野恭平 「富岡製糸場と絹産業遺産群」や「明治日本の産業革命遺産」など、産業遺産と呼ばれるものが世界遺産に登録されました。世界遺産になることが必ずしもよいことであるとは思いませんが、報道などを通じて産業遺産の認知度が高ま […]

グローバル人材

西村幸宏 数年前に日本経済新聞社大阪本社が主催したグローバル人材をテーマとするセミナーに参加した。登壇者3人の話はそれぞれ興味深いものであったが、その中でも英語教材を提供する企業の社長の話がその時の日本企業の実態を表すも […]

シェアリング・エコノミー

善如悠介 近年、「シェアリング・エコノミー」という単語を耳にする機会が増えました。その時、AirbnbやUberなどがその代表例として挙がることが多い印象です。総務省の平成27年版情報通信白書 [1] によると、以下のよ […]

ナッジ

安部浩次 ナッジ(Nudge)という言葉を聞く機会が以前に比べて増えました。行動経済学で用いられる概念で何かしらの仕掛けを用いて人を軽く刺激することで強制することなく対象者が望ましい行動を自発的にとるよう促すことを意味す […]

サービスと技術仲介サービス

森村文一 今日は,技術的進化に伴ってこれまでに無かった製品を創ることに成功しても,すぐに模倣されてしまい,結果としてとても速いスピードでコモディティ化が進んでしまいます。コモディティ化が進む市場において,競争優位性を獲得 […]

データサイエンス

各務和彦 2009年8月にGoogleのチーフエコノミストであるHal Varian氏が「これからの10年で最もセクシーな職業は統計学者だ」という発言をしたことを記憶している人も多いであろう。この発言からすでに10年の月 […]

消費者志向経営

馬場新一 消費者志向経営とは、事業活動の全てを、顧客以外も含むあらゆる消費者に向き合うことである。以下で詳しく説明する。 消費者志向経営の定義 消費者志向経営の取組促進に関する検討会の報告書によると、「消費者志向経営」と […]

キャッシュリッチ

森直哉 近年、数多くの日本企業が現金・預金を過剰に保有していると報じられることが多い。2016年度までの5年間でフリーキャッシュフロー(余剰資金)の累積額が57.4兆円であるのに対して、同じ期間のペイアウト(配当と自社株 […]

確率的思考・統計的思考

清水玄彦 ビッグデータという言葉に接する機会が非常に多くなっている昨今、統計学の重要性がますます高まっていると考えられます。統計学は確率論を基礎としていることから、高等学校などでは「確率・統計」とひとくくりで教えられてい […]