消費者志向経営

馬場新一 消費者志向経営とは、事業活動の全てを、顧客以外も含むあらゆる消費者に向き合うことである。以下で詳しく説明する。 消費者志向経営の定義 消費者志向経営の取組促進に関する検討会の報告書によると、「消費者志向経営」と […]

サービタイゼーション

南知惠子 サービタイゼーションとは製造業のサービス化を表す言葉である。サービサイジングとも言う。GE(ゼネラル・エレクトリック)社が航空機エンジンのメーカーでありながら、整備計画や管理自体を提案し、製品の耐用年数を長くす […]

製品コンセプト

宮尾学 この原稿の依頼を受けてテーマを考えていた2014年9月10日、「iPhone6」が発表されました。携帯電話の概念を変えた、とも評されるiPhoneの新型発売を受けて、今回取り上げるビジネスキーワードは「製品コンセ […]

組織スラック

中村絵理 近年、企業の効率性に関する議論が活発になっている。厳しさを増す競争に打ち勝つために、いかに経営を効率化するかは経営者にとって大きな課題である。組織効率化の際に頻繁に参照される概念が「組織スラック」である。組織ス […]

Stated Preference Data(選好意識データ)

三古展弘 私たちの周りにはデータが溢れています。研究や仕事でデータを直接扱う人にとって、データはとても身近だと思います。しかし、一般の人でも、テレビや新聞から様々なデータやそれを用いた分析結果に毎日のように接していること […]

サステイナブル成長と企業価値

砂川伸幸 サステイナブル成長(持続可能な成長)を経営目標に掲げる企業は多い。現代経営学におけるバリュエーションの分野では、早くからサステイナブル成長モデルが取り上げられてきた。私が大学院生の頃に読んだテキストにサステイナ […]

損失

鈴木一水 年度初めから縁起の悪いお題で恐縮ですが、昨今の欧州金融危機や震災のあおりで損失を蒙っている個人や法人は決して少なくないと思われますので、ここでは損失の意味と、そのダメージを緩和するための損失の使い方について説明 […]

ステイクホルダー

堀口真司 「企業活動の結果として何らかの影響を受けるもの」という意味を表すステイクホルダーという概念について、現在、さまざまに議論されています。例えば経営管理論の文脈では、多様化してきたステイクホルダーをいかに管理するべ […]

全社的リスクマネジメント(Enterprise Risk Management,ERM)

山﨑尚志 従来企業で行われてきたリスクマネジメントは、伝統的に部門ごとにリスクに対応することで企業全体のリスク最適化を図ってきた。しかし、部門ごとでリスク対応を行うと、必ずしも全体のコスト最小化が図られないケースが出てく […]

消費者視点

蔵本一也 消費者関連企業の不祥事が続発している。その都度「消費者視点」に立ち返り、「消費者重視」の経営に変革するなどと、記者会見やインタビューにおいて社長などの反省の弁が述べられる。発生した不祥事の原因究明や対策を講じる […]