新しい組織のあり方

服部 泰宏 いま世界中で話題になっている『ティール組織(原著はReinventing Organizations)』(ラルー, 2014)という書籍を紹介したいと思います。「ティール組織」とは、(1)セルフマネジメント( […]

「イノベーションのジレンマ」から学ぶ

髙嶋 克義 研究や教育でイノベーションを語るときに、しばしば言及される本として、クレイトン・クリステンセンの『イノベーションのジレンマ』(伊豆原弓 訳、翔泳社)がある。書店サイトの評価においては、こうした名著と呼ばれる本 […]

市場を操る

善如 悠介 シェアリング・エコノミー(Sharing Economy)という言葉ですが、最近耳にしたことがある方も多いかもしれません。簡単に言うと、財やサービスを“所有”するのみではなく、“共有(share)”しながら活 […]

ダイバーシティと協働

庭本 佳子 近年、人的資源管理論の領域で頻出するトピックの一つに「ダイバーシティ・マネジメント」がある。今回、ダイバーシティ・マネジメントに関する諸問題を考察するための基礎理論として、「研究スタッフが選ぶ、オススメ図書」 […]

社会を見る眼

安部 浩次 本学MBAメールマガジンEurekaの人気コンテンツである「研究スタッフが選ぶ、オススメ図書」に執筆の機会をいただきました。想定している読者は本学の社会人大学教育に関心をもっていただいている方々とのこと。本を […]

イーロン・マスク 未来を創る男

『イーロン・マスク 未来を創る男』 著者:アシュリー・バンス(斎藤英一郎訳)講談社 尾崎弘之 スティーブ・ジョブズ亡き後のシリコン・バレーで最も影響力が大きい起業家は、著書で描かれているイーロン・マスクだという評価が根強 […]

実証分析のススメ

研究スタッフが選ぶ、オススメ図書 実証分析のススメ 保田 隆明  自分自身が社会人大学院で勉強をした際に痛感したことは、自分がいかに仕事現場でワンパターンな思考になっていたか、ということである。多くの社会人は、職場では常 […]

不正会計を考える

清水 泰洋 過去に行われた会計処理に問題あるいは不正が判明し、先に公表された財務諸表が後日修正される事例が後を絶ちません。これが意図された不正である場合、不正会計として、時には刑事事件にも発展します。そして、このような財 […]

ビジネスと経済学

馬 岩 ビジネスと経済学に関する2つの本を推薦しよう。最初の本は「吉野屋の経済学」と題して、当時株式会社吉野屋ディー・アンド・シー代表取締役社長の阿部修仁氏と東京大学大学院教授の伊藤元重氏の対談を内容としたのである。これ […]