研究科長・学部長挨拶

神戸大学経営学部は,1902年に創立された神戸高等商業学校を起源とし,1949年にわが国最初の経営学部として設置され,1999年には経営学分野でわが国で初めて大学院重点化が完成し,神戸大学大学院経営学研究科となりました。MBAも全国に先駆けて国立大学で初めて1989年に誕生し,2003年に専門職大学院(現代経営学専攻)として再編成され,2019年には30周年を迎えることができました。神戸の地に「学理と実際の融合」を目指して官立の学校が創設されてから,約50年後に経営学部が誕生し,その50年後にMBAが創設され,約100年後に大学院が重点化されたことになります。

過去120年の歴史の中で,神戸大学大学院経営学研究科は日本における経営学研究の最先端を走ってきました。経営学研究および教育に数々のイノベーションをもたらしてきたと自負しておりますが,その中でも最大の成果の一つがMBAの設置とその後の展開です。 神戸大学MBAは,神戸方式とも呼ばれる独自の教育方式を開発し,数多くの社会人を教育し,多くの人材を育成してきました。その3本の柱は,「研究に基礎をおく教育」と「働きながら学ぶ」というコンセプト,そして両者を統合した「プロジェクト方式」という教育方法です。これらを総称して,われわれは「神戸方式」と名付けています。MBA教育の支柱である神戸方式は,30年の歴史を経てさらに洗練進化しつつあります。

神戸大学MBAは,その教育成果を2つの著書にまとめています。ひとつは,25周年を記念にまとめられた『人生を変えるMBA』(有斐閣)で,もうひとつは30周年を記念してまとめられた『プレMBAの知的武装』(中央経済社)です。どちらも神戸大学MBAの長年の教育のエッセンスが詰まっています。 是非,皆さんも,六甲台の地で最先端MBA教育を受けて,日本そして世界の経済界の発展のために尽くしてください。私たち教員はそれを一丸となって支援いたします。

2022年4月1日
神戸大学大学院経営学研究科長・学部長 國部 克彦


現代経営学専攻長のメッセージ

大学の教員となってから長いですが、いつの頃からか、学生たちには「楽しく真面目に学べ」という言葉をかけ続けてきました。つまり、「楽しく不真面目に学ぶ」のは良くないし、「つまらなく真面目に学ぶ」のも良くないし、ましてや「つまらなく不真面目に学ぶ」などはもっての外という意味合いです。幸い、わかりやすいフレーズのようでして、何をやりたいのかで迷い始めたとき、学生が自分自身で原点に立ち返るためのヒントにもなるようです。本来、学びは楽しい営みです。また、そうであるからこそ、真面目に取り組めるとも言えます。

常日頃ずっと仕事の忙しさに追われている社会人の方々は、週末ぐらいゆっくりと身体を休めるなり、趣味に没頭したいと思うのが通常の発想でしょう。そうではなく、あえて六甲台を登ろうというのですから、神戸大学MBAの門戸を叩いた皆様、叩こうとする皆様は、「楽しく真面目に学ぶ」ことの大切さを十分に知り尽くしている方々だろうと思います。

神戸大学MBAは「研究に基礎をおく教育」(RBE: Research-Based Education)を重視しています。単に教科書的な知識や技術を「そうなっている」と解説するのではなく、「何故そうであるのか」を論理的に考える場を提供します。これは学術的な研究に身を置く者こそが最善になし得る教育法だと信じています。そこに魅力を見いだした皆様は、きっと「楽しく真面目に学ぶ」ことに関して達人の域にある方々でしょう。神戸大学MBAで過ごす時間が、趣味と言えるぐらいに楽しくなることを願ってやみません。

2022年4月1日
神戸大学大学院現代経営学専攻長 森 直哉


MBA教務委員のメッセージ

「収穫を問うなかれ、ただ耕耘を問え」(曾国藩)という言葉があります。これは成果(=収穫)を無視せよということではなく、それ以上に、努力のプロセス(耕耘)をより重視せよということです。神戸大学MBAプログラムは、この耕耘を重視します。経営という複雑な現象の背後にある「理」が収穫だとすれば、それをアカデミックな観点を基盤としつつ徹底的に追求するプロセスが耕耘になります。これを私たちは、リサーチベースト・エデュケーションと呼んでいます。

『論語』のなかに、「学びて思わざれば即ち罔し。思いて学ばざれば即ち殆し。」という有名な一節があります。このMBAプログラムでは、この「学び」はコア・カリキュラムを中心とした科目で、グローバル標準の最先端の知識を体系的に学ぶことに該当します。そして、「思う」に相当するのが、プロジェクト方式と呼ばれる学習であり、多様な経験・知識をもつ教官・学生と意見を戦わせつつ、生きた現実の事例を独自に分析していくことになります。

このようにリサーチベースト・エデュケーションとプロジェクト方式を車の両輪のごとくバランスをとって学習を進めていくことができるのが神戸大学MBAプログラムの最大の特徴です。それが可能なのは、学生一人ひとりが働きながら学ぶという状態にあるからです。是非とも、このMBAプログラムに参加していただき、多様な人材と切磋琢磨しつつ、皆さんが現実に直面する仕事上の課題について、新たな「理」を発見していただきたいと希望しています。このMBAプログラムにはそのための最善の機会が提供されていると確信しています。

2022年4月1日
神戸大学大学院MBA教務委員 原田 勉