神戸大学専門職大学院MBAプログラムを修了した社会人院生が執筆した論文をご紹介します。論文を書くのは初めて、という方も多いことでしょう。論文の作成プロセスをあわせてご紹介します。

作成のプロセス

修士論文をいったいどのように書き進めていくかがよく分からない、長文の論文を書くことが不安だと感じる人が多いようです。ここでは、神戸大学の専門職大学院における修士論文作成のプロセスを簡単に説明しておきます。

論文審査

論文審査は、2名の審査委員(ゼミナール担当教員が主査となり、テーマに関連する1名の教員が副査となります)により行われます。 評価基準は以下です。

  1. 論文に対して誠実かつ真摯に取り組んでいること。
  2. 仕事で抱いた問題意識に関連したテーマを設定していること。
  3. 現実に対して意味のある結果と含意を導出していること。
  4. その結果と含意を導くプロセスが信頼に足り,説得力があること。

(*一部の論題は著者の希望により掲載を控えさせて頂いております。)

審査結果

審査会で発表した人数と、無事修了を認定された人数をお伝えします。

修了者の修士論文・専門職学位論文題目リスト

MBAプログラムを修了した方々の専門職学位論文についてご紹介しております。
*一部論文の執筆者名および論題は、執筆者の希望により、公開されておりません。ご了承下さい。

MBA修士論文報告会(ポスターセッション)

MBA修士論文報告会(ポスターセッション)の様子をご紹介しております。

修了式

修了式の様子を簡単にお伝えしています。