製品コンセプト

宮尾学 この原稿の依頼を受けてテーマを考えていた2014年9月10日、「iPhone6」が発表されました。携帯電話の概念を変えた、とも評されるiPhoneの新型発売を受けて、今回取り上げるビジネスキーワードは「製品コンセ […]

組織スラック

中村絵理 近年、企業の効率性に関する議論が活発になっている。厳しさを増す競争に打ち勝つために、いかに経営を効率化するかは経営者にとって大きな課題である。組織効率化の際に頻繁に参照される概念が「組織スラック」である。組織ス […]

徴利―西欧中世における利息の会計処理をめぐる原則と仮構―

中野 常男 以前に、このコラムで、複式簿記に固有の用語である「借方」と「貸方」について、なぜこれらの用語が誕生したのか、その歴史的経緯について解説したことがある。端的に言えば、複式簿記の成立に結びつく組織的な会計記録は債 […]

Stated Preference Data(選好意識データ)

三古展弘 私たちの周りにはデータが溢れています。研究や仕事でデータを直接扱う人にとって、データはとても身近だと思います。しかし、一般の人でも、テレビや新聞から様々なデータやそれを用いた分析結果に毎日のように接していること […]

ABL (Asset Based Lending)

ABL (Asset Based Lending) 内田浩史 最近金融実務の世界で注目を集める言葉の一つにABL(Asset Based Lending)があります。直訳すれば、資産(Asset)を担保にする(Based […]

「売上高」はどうなるのか

清水泰洋 数年来作業が続けられてきた、収益認識に関する国際会計基準(IFRS)が2013年前半に成立する見込みである。従来日本基準と国際会計基準の間で大きな相違が存在し、国際会計基準を適用する場合に実務上の対応の必要性が […]

技術開発とイノベーション

波田芳治 今回のキーワードは、「技術開発とイノベーション」です。この関係を過去の経験から振り返り、考察します。 1)まず、過去の歴史です。実際に、自動車用の加工性の悪い高強度鋼板(ハイテン材)を開発し売り込む為になされた […]

限定正社員

平野光俊 非正規の雇用の安定化とスキル形成を主眼として、正社員への転換の促進と転換後の雇用形態として「限定正社員」制度の導入推進に向けた政策論議が活発に行われるようになった。たとえば、2012年8月に公布された改正労働契 […]

気づく

久本久男 サイパネティックス (cybernetics)を提唱したウィナー(Wiener, N. 1894─1964) は、「発明」(1994、みすず書房) において、発明の過程につぎの4つの重要な契機があることを指摘し […]

サステイナブル成長と企業価値

砂川伸幸 サステイナブル成長(持続可能な成長)を経営目標に掲げる企業は多い。現代経営学におけるバリュエーションの分野では、早くからサステイナブル成長モデルが取り上げられてきた。私が大学院生の頃に読んだテキストにサステイナ […]