2021年度オリエンテーション

2021年度専門職大学院(MBAプログラム)入学ガイダンスのご報告

2021年3月27日(土)に、神戸大学大学院経営学研究科専門職大学院(MBAプログラム)は、67名の新入生をお迎えし、2021年度新入生オリエンテーションを、六甲台キャンパス本館102教室で開催しました。昨年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、対面でのオリエンテーションを開催することができず、オンラインでの配信を通じて実施されていたために、今年度のオリエンテーションは、コロナ禍での初めての対面開催となりました。各所にアルコール消毒液が設置され、新入生が座る座席の間隔にも一定の距離が保たれ、参加者全員がマスクを着用しながら、式が始まりました。

オリエンテーションは、コロナ以前の対面開催の形式を踏襲して二部構成で組まれ、第一部では、MBA論文賞とMBA三冠王の表彰式が行われ、第二部では、新入生入学ガイダンスが行われました。例年、入学ガイダンスの後に、場所をアカデミカ館「さくら」へと移してウェルカムパーティーが開催されてきましたが、今年度はコロナ対応を考慮して、残念ながら開催を自粛することになりました。

2020年度のMBA論文賞の受賞者は、以下の方々でした。

  • 金賞:髙津 亜弓さん(國部克彦ゼミ)
    「IFRSの導入がM&AのPost Merger Integrationに与える影響」
  • 銀賞:松岡 佑季さん(鈴木竜太ゼミ)
    「医療機関における情報の不確実性が組織に与える影響ーCOVID-19流行下での病院を事例としてー」
  • 銅賞:塩尻 晋也さん(伊藤宗彦ゼミ)
    「恒常的多事多端なベンチャー企業へのサービス方針の提案-駐車場シェアリングエコノミーの独自性を掛け合わせて-」

表彰式では、審査委員の先生方のご来席のもと、神戸大学名誉教授加護野先生からご講評をいただきました。また、それを受けて、受賞者の方々からのご研究内容のご紹介と、ここまでの長い道のりをふり返ってのご感想を述べていただきました。受賞者の皆様、このたびのご受賞、心よりお喜び申し上げます。

 

第二部のオリエンテーションでは、主役が新入生へと移り、最初に、南研究科長からの歓迎のご挨拶をいただきました。その後、教務担当からの修学ガイダンス、栗木先生からのケースプロジェクト研究のご案内、戸梶先生からの日英産業事情応用研究(RST海外研修プログラム)のご案内ならびに2020年修了生によるRST体験談に続き、教務グループによる事務手続きガイダンスが、式次第に沿って進められました。最後に、経済経営学会(国民経済雑誌)、現代経営学研究所、MBA Cafeからの入会のご案内とともに、各種入会手続きが行われました。

収束の兆しが見えないコロナ禍、先行き不透明な状況下での対面開催となりましたが、桜咲く春うららかな陽気のもと、全ての催しを式次第の通りに終えることがき、新たな門出にのぞむ新入生の皆様にとって、幸先の良いスタートを切ることができました。

(文責)堀口 真司

当日の資料は以下よりご覧いただけます。