環境税の国境税調整

馬 岩 近年、地球温暖化が大きな関心を集めている。地球温暖化対策の一環として温室効果ガスの排出を削減することが考えられる。この目的に対して、EUをはじめとする先進国では排出権取引制度や炭素税または排出税を温室効果ガス排出 […]

顧客満足度

原田勉 顧客満足度(Customer Satisfaction)という言葉は、多くの企業でCS部門が設置されていることからもわかるように、いまや広く社会に定着している。しかしながら、その意味について、たとえば企業のCS担 […]

コミットメント経営

ビジネスの文脈においてコミットメントという言葉は新聞や雑誌などでも最近はよくつかわれている。このコミットメント経営も耳にしたことがある人は、いるかもしれない。ただし、実はこのコミットメントという言葉は2つの意味でつかわれ […]

空売りと空売り規制

鈴木健嗣 近年、金融危機の拡大を招いた原因や企業の効果的な資金調達(特に株式発行)を妨げる原因として空売りが注目され、空売り規制が国際的に大きな話題となっている。今回のビジネスキーワードは「空売りと空売り規制」についてみ […]

官民協働

松尾貴巳 国や地方公共団体が提供する行政サービスの提供方法に関して、「官民協働」という用語が使われるようになってきました。ただし、この用語の定義は必ずしも明確ではありません。狭義には、PPP(Public Private […]

為替リスク

中井正敏 為替リスクとは、外国為替相場の変動により、損失を被る可能性(危険性)のことをいう。企業経営にとって、為替相場の変動は、企業本来の活動とはまったく別個の要因により収益に影響を及ぼすものであり、為替相場の変動はない […]

コミュニティバス

正司健一 先日、新聞各紙に、赤字が続く大阪市営バスの経営改善策を検討している外部委員会「市営バスのあり方に関する検討会」から出された中間提言に関する記事が掲載された。日本経済新聞(2008年12月13日)は、「赤バス廃止 […]

限界利益

三品和広 限界利益率がプラスなんだから、もっと売ればいいじゃないか。ある著名な社長が、私の友人に語ったそうである。友人は、この社長の傍らで長らく企画に携わっており、問題事業部門の立てなおしに送り込まれたところであった。状 […]

企業間信用(trade credit)

内田浩史 「100年に一度」と言われる不況が影を落とす昨今、得意先(販売先)が倒産あるいは経営不振に陥り、代金の回収不能や遅延に悩んだ企業経営者や財務担当者も少なくないかもしれない。常に現金でしか販売しない、買い手がよっ […]

コーポレート・ガバナンス

加護野忠男 コーポレート・ガバナンス。日本語では企業統治あるいは会社統治と訳される。伝統的には企業コントロール(支配あるいは統制)と呼ばれてきたが、最近はコントロールに代わってガバナンスという言葉が使われることが多くなっ […]