2020年度ポスターセッション 教員のコメント

「ポスターセッション開催報告2020」 森直哉 教授

今年度は新型コロナウイルス禍により、本来あるべき対面形式による講義を春からまったく実施できないという、前代未聞の事態に直面しました。MBA生の皆さんは、大変気詰まりな状況下、制約の多い状況下で専門職学位論文の作成を進めてきたわけです。六甲台の教室で活発に議論を積み重ねるところに神戸大学MBAの強みがあることを踏まえますと、オンラインでしか講義、イベントを実施できない状況について、心苦しく思うところは大でした。

実を言うと、ポスターセッションを例年どおりの形式で実施することがMBA教務委員に課せられた使命だと位置づけていました。というのは、顔を合わせるための数少ない機会と位置づけていましたし、9月頃にはウイルスも収束に向かっているだろうという期待感があったからです。

しかし、残念ながら対面形式では制約が強すぎて魅力的なコンテンツを提供することができず、当初の意に反してオンラインで実施せざるを得なくなりました。例年とは違う形式でありながら、それでいて例年どおりの質を維持する必要に迫られましたし、具体的な実施法について寄せられる意見は多種多様でしたから、調整と決断に苦労したというのが正直なところです。教務係の誠実かつ多大なサポートに感謝したいです。

いざオンラインで実施してみれば、意外なほどにいくつかのメリットが発揮されたように思います。文字どおりのポスターではないのですが、それに相当する制作物の質は高く、ウェブサイト経由で事前に入手していただく方法もスムーズだったように思います。また、セッション当日の細かく分けた時間帯、Zoomを用いた同時進行のプレゼンも、大きいトラブルに見舞われることもなく、無事に実施できたように思われます。MBA生の皆さんの真摯なスタンスに敬意を表し、かつ、共同開催者である神戸大学MBA Cafeのサポートに御礼を申し上げたいです。

なお、ポスターセッションの投票結果を踏まえた「MBA Cafe賞」について、前半の部は、金賞が大田結さん、銀賞が秋吉健司さん、銅賞が西津麻紀子さんでした。後半の部は、金賞が滝順子さん、銀賞が大貫至子さん、銅賞が原薗和也さんでした。おめでとうございます。

このイベントの1週間後に学位記授与式が例年どおりの対面形式で実施されましたが、そこで半年ぶりに顔を合わせることができた等のお話をMBA生の皆さんから聞くことになり、私自身はポスターセッションで達成できなかった使命を果たせた気分でおります。修了生の皆様の多大なご活躍をお祈り申し上げます。