神戸大学MBA

アクセスマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 標準


2008年度ケースプロジェクト発表会
 

2008年8月9日(土)

プロジェクト実習は、神戸流MBAの一大特徴を成す「プロジェクト方式」の一部です。昨年度までは個々の学生が修士論文を書くプロセスをプロジェクトの本番と見たて、入学早々チームで取り組むプロジェクトをその前哨戦と位置づけて、これを“ミニ”プロジェクトと呼んでいましたが、今年度から“ケース”プロジェクトと名前を変えました。特に中身が変わるわけではありませんが、2008年度から一年時の秋に“テーマ”プロジェクト実習が追加されることに応じた措置です。プロジェクト方式は本来チームで実行するものなので、修士論文以外のチームプロジェクトを強化するのは、正常進化と言ってよいでしょう。これで、神戸大のMBAでは入学してから卒業するまで一貫してプロジェクトが走る体制になりました。

今年度のテーマは、多少我田引水になりますが、リロケーションに据えました。すなわち、企業が寿命の尽きた事業の立地に見切りを付け、新しい事業立地に乗り換えた事例に着目し、転地のパターンをあぶり出そうというわけです。このテーマに適う事例を5人前後のチームで一つ発掘し、そのケースを徹底的に分析するのがケースプロジェクトになります。それに対して、テーマの選定から入り、チームを自己組織化し、複数のケースを比較研究するのがテーマプロジェクトです。こちらは今年度が初めての試みになりますが、ケースプロジェクトと修士論文の間に横たわるギャップがこれで埋まると期待しています。

さて、ケースプロジェクトでは、例年ケースの選定が勝敗を大きく左右します。テーマの面白さを浮き立たせるようなケースを発掘したチームは、それだけで優位に立つわけです。今年度のテーマ、リロケーションでは、まずは明らかに転地の事実があるというケースを探し出すことがポイントになりました。この点でリードを奪ったのは、大手企業では

ブラザー工業(ミシンからファックスへ)
日東電工(絶縁材料から液晶フィルムへ)

の2チーム、ベンチャー企業では

林原(水飴からトレハロースへ)
ACレモン(煉炭からLPガス、そして宅配水へ)
NPC(食品用真空包装機から太陽電池組立機へ)
スター精密(時計部品から特殊プリンターへ)
遠藤製作所(スプーンからゴルフクラブ鍛造ヘッドへ)
山中産業(西陣織からティーバッグへ)

の6チームでした。これらは、いずれも技術が変わり、市場も変わっているので、華麗なる転地と言ってよいかと思います。 他のチームの

ワタベウェディング(貸衣装から挙式プロデュースへ)
スタジオアリス(写真館から貸衣装兼備型写真館へ)
たねや(和菓子から洋菓子へ)
タマノイ酢(工業用醸造酢から消費者用飲料酢へ)
神戸レザークロス(靴から雑貨小売へ)
ヒラキ(ケミカルシューズから靴の通販へ)

はいずれも微妙なケースを選びとったため、何をもって転地とするかを説明する義務を背負い込みました。

フタを開けてみると、金賞に輝いたのはスタジオアリス、同点決戦で敗れて銀賞に落ち着いたのは林原、そして銅賞に滑り込んだのはACレモンという結果になりました。僅差でメダルは逃したものの、他にNPC、山中産業、スター精密が入賞圏内に入りました。

ここで明暗を分けたのは、プレゼンテーションとやはりケースの選定です。金賞と銀賞のチームは圧倒的なプレゼンテーション力を誇っており、同じ20分の枠内に詰め込んだ情報量の多さ、または同じ20分で展開したストーリーの起伏の豊かさが、他のチームを凌駕していたように思います。中身のない研究をプレゼンテーションでごまかすのは無理ですが、中身のある研究も伝わってナンボです。その意味で、素材の良さを生かし切れなかったチームがあるのは残念でした。ストーリーを整理しきれなかったチームは、再起を期して欲しいと思います。

ケースの選定に関しては、確かに転地と呼べば呼べるけれど、他の切り口から説明した方がわかりやすいケースはどうしても不利になりました。たとえば靴の2ケースはいずれも前方垂直統合をしたことになっており、敢えて転地の事例として取り上げるにふさわしいかを自問する必要があったかもしれません。それに加えて、審査員の大多数が既に熟知している知名度の高いケースは、辛い評点を呼び込みがちだったように思います。そういうケースを取り上げたチームは、オーディエンスが既に知っていることを想定したうえで、新しい解釈を意識して打ち出すべきでしたが、そこまで至りませんでした。

最後にテーマについて言及すると、転地が成功する陰には、このままでは駄目だと思い立つ人が必ずいることを再確認できました。ただし、最初にあるのは現状否定の確信だけで、着地する先については大まかなイメージしかない場合が大半です。なかにはNPCやACレモンのように、転地先が向こうから転がり込んでくる事例もあるくらいです。そうなると、本当のポイントは持っていない能力を獲得するための工夫にあるのかもしれません。そこに切り込んだチームは少なかったのですが、私としてはワタベウェディングの研究や遠藤製作所の研究が参考になりました。

総体として見れば、面白い未知のケースが次から次へと飛び出すことになり、神戸のMBAに集う学生のパワーを感じ取るには十分でした。パワーと言えば、どのチームも遠足さながらに取材を敢行し、自らの手を汚すリサーチを実体験できたようで、MBAプログラムへの導入としては今年も大成功と断言してよいでしょう。このあとテーマプロジェクト研究にどうつながっていくのか、一抹の不安とワクワクする気持ちを抑えつつ、見守っていきたいと思います。

(文責:三品和広)