Home -> MBA Square -> 研究スタッフが選ぶ、オススメ図書  
 
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書

マネジメント・組織講座 教授 上林憲雄

 

わたしは学部生対象の人的資源管理論の講義の中で、日本的経営のいわゆる「三種の神器」について説明する際に、「日本的経営という言葉は最近ではあまり使われず、死語のようになってしまいましたが・・・」という枕詞を付けることにしています。 1980 年代、アメリカをはじめ世界中から高業績を達成するシステムとして注目を集めた日本的経営は、長引く不況による日本企業の業績低迷とともに、ポジティブな文脈において語られることがすっかり少なくなってしまいました。一般的には、日本的経営が高業績を達成し得たメカニズムの根底には、従業員という人的資源を大切にする日本企業の哲学と、それを基礎にした日本企業社会特有のコミュニティが存在していたためではないかと言われています。しかし、バブル崩壊後の日本企業の業績低迷は、移り気なアメリカ企業には、日本的経営がやはり時代遅れのシステムである何よりの証左で、 80 年代の日本企業の活躍はほんの一時的な栄光に過ぎなかった、と映ったようです。実際、 90 年代初頭には、日本でもアメリカでも、アメリカ企業のやり方こそが正統であり、「グローバル・スタンダード」なのだとする見方が広く一般に流布するようになってきました。

では、日本的経営は本当に過去のものになってしまったのでしょうか?日本企業独自の経営システムは完全に消滅してしまったのでしょうか?このようなグローバリゼーション下における日本企業のマネジメントのあり方について深く考えるためのヒントとなる書物を、以下に 3 点ご紹介しましょう。 3 点とも外国人によって書かれた著作で、日本企業社会や東洋的発想法の特徴を外部者の眼から鋭く観察・考究している、非常に興味深い良著です。

ジェームズ・C・アベグレン著(山岡洋一訳)
『新・日本の経営』
日本経済新聞社、2004年。

(寸評)本書の著者アベグレンは、既に 1958 年に『日本の経営』を出版し、日本的経営のいわゆる「 3 種の神器」(終身雇用、年功賃金、企業別労働組合)を指摘した日本的経営論のいわば“生みの親”的存在です。前著『日本の経営』の出版から 50 年近くを経た今、グローバル化や高齢化、人口減少といった環境変化のもと、日本企業がこれまで実際どのように対応してきたのか、そして 21 世紀の日本企業が維持し活用すべき強みとはどのようなものであり、日本企業は今後いかなる道を歩んでいくべきか等々のトピックスについて、わかりやすく解説されています。

 

ロナルド・ドーア著(石塚雅彦訳)
『働くということ−グローバル化と労働の新しい意味−』
中公新書、2005年。

(寸評)本書の著者ドーアは、『イギリスの工場・日本の工場』(筑摩書房、 1987 年)において日英の工場をつぶさに観察し、マネジメントの仕組みや労働に関する国際比較を試みた、日本通の社会学者です。本書では、この前著を踏まえながら、経営学者とは違う社会学者の視点から日本企業社会が鋭く観察され、その特徴がわかりやすく記述されています。終身雇用制や年功制度、成果主義等の今日的トピックスが、企業経営の視点というよりもより広く社会問題の視点から取り上げられており、どこに問題があるのかが提示されています。特に、“アメリカン・スタンダード”万歳の発想法に対する著者の批判は鋭く、経営学を学ぶ者にとっても非常におもしろく示唆的で、ご一読を勧めます。

 

リチャード・E・ニスベット著(村本由紀子訳)
『木を見る西洋人 森を見る東洋人−思考の違いはいかにして生まれるか−』
ダイヤモンド社、2004年。

(寸評)本書には、日本企業や日本的経営に関するダイレクトな記述はありませんが、書名の通り、西洋人と東洋(東アジア)人とでは、物事の認知や思考方法に根本的な差異があるということを認知科学の観点からわかりやすく提示した著書で、日本企業の海外進出やグローバル化を考える上で非常に参考になると思われる著作です。世界には、多様な文化をもつさまざまな社会が存在し、そこにおける人々の考え方自体も多種多様である−このような一見当たり前ですがつい忘れてしまいがちな認識が、グローバル時代といわれる今日こそまさに重要であるということを、改めて知らしめてくれる好著です。

( Copyright © 2006,上林憲雄)