Home -> MBA教育の実際  
 
MBA教育の実際
ここでは、シラバス、履修方法、年間スケジュール、修士論文など神戸大学大学院MBAプログラムが具体的にどのように行われているかを知ることができます。
  • 講義シラバスのご紹介
    神戸大学専門職大学院MBAプログラムが実際にどのような授業を行っているのか、その一部を体験していただきます。

  • 授業時間割
    MBAプログラムの時間割をご覧頂けます。現在アップロードされているものは授業開始までに若干の変更を行う場合もございますので、ご注意下さい。

  • うりぼーポータル(学生向けポータルサイト)

  • 年間行事スケジュール

  • プロジェクト発表会
    プロジェクト研究は、「問題を深く掘り下げる」ためのプロジェクト方式の第1ステップとして、平成10年に導入されました。平成元年における社会人MBAプログラムの立ち上げ以来、独自の教育方法として「プロジェクト方式」を実践してきましたが、この方式に慣れ親しむことを目的として一年次前期の必修科目「ケースプロジェクト研究」、一年次後期の必修科目「テーマプロジェクト研究」が行われています。

  • 入学生の研究状況
    入学試験に合格してからMBAを取得するまでの間、社会人院生は、講義、プロジェクト研究、そして、担当教員の指導を受けながら多様なゼミナール活動に従事します。ここでは、社会人院生の研究がどのように進められているかをご紹介します。

  • 修士論文
    神戸大学専門職大学院では論文の執筆が義務づけられています。論文を書くのは初めて、という方も多いことでしょう。修士論文の作成プロセスをご紹介します。

  • 海外留学制度

  • NEWS LETTER
    NEWS LETTERでは2003年3月まで、プロジェクト研究や授業の様子、論文作成指導の実際などMBAコースのご案内を行ってきました。NEWS LETTERでお届けしてきた情報は、これからはメールマガジン『eureka』で配信いたします。これまでのNEWS LETTERのバックナンバーをここからご紹介します。