Home -> MBA Square -> eureka-> 20060725  
 
MBA Square
ビジネス・キーワード
  このビジネス・キーワードでは、毎号、時代を反映するキーワードをピックアップし、研究者の視点から読み解きます。今回は「市場の二面性(two-sided market)」と「ネット・コミュニティ・マーケティング」についてご紹介します。
  【今号のキーワード】
 
「市場の二面性(two-sided market)」 丸山雅祥 教授
「ネット・コミュニティ・マーケティング」 栗木契 助教授
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書
  経営学研究科の研究スタッフが、経営・経済の諸問題について「テーマ」をしぼり、そのテーマに関する数多くの著書の中から特に「オススメ」の本をご紹介します。今号のテーマは「知的資本の開示と評価」です。ここでご紹介する本は一般書店で入手可能なものばかりです。ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい。
 
【テーマ】 知的資本の開示と評価
【今号の推薦者】 與三野禎倫 助教授
第54回ワークショップのご報告
  去る7月8日(土)に、 神戸大学大学院経営学研究科本館102教室にて現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科の共催で第54回ワークショップ「モティベーションを極める視点−理論と持論、感動と集中、体系的エンジニアリング−」が開催されました。多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。当日のパネル討論の様子は『ビジネス・インサイト』 55号(2006年10月3日刊行予定)にてお伝えします。
第55回ワークショップのご案内
 

現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科との共催で定期的に開催する研究会がワークショップです。ご興味をお持ちの方は誰でもご参加頂けます。 次回は9月10日(日)開催の第55回ワークショップ「BtoB情報ネットワーク戦略の次なる展開」 です。詳しいご案内はこちらからご覧下さい。

第17回シンポジウム開催のご案内
 

現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科との共催で 毎年1回、シンポジウムを開催しています。今年は11月22日(水)に「日本から生まれるグローバル・スタンダード−先進企業の実践から学ぶ−」をテーマに開催する予定です。詳細につきましてはこちらからご覧頂けます。

『ビジネス・インサイト』の最新号より
 

現代経営学研究所の会誌『ビジネス・インサイト』はご存じですか?『ビジネス・インサイト』は平易で実践指向の学術雑誌として学界・産業界から注目を集めています。本誌の編集に神戸大学大学院経営学研究科は協力しています。

今号は「第53回ワークショップ特集 価値を生むマーケティング・プロセス−先進のマーケティング・マネジメントに学ぶ−」をテーマにお送りします。詳しいご案内はこちらからご覧頂けます。
  【今号の目次】
 

「マーケティング・マネジメントの新地平」
     (神戸大学大学院経営学研究科 教授 石井淳藏)

 

「反応型市場志向と先行型市場志向」
     (首都大学東京 都市教養学部 経営学系 研究員 水越康介)

 

「日本で成功する「グローバルブランド」」
     (ネスレコンフェクショナリー株式会社 代表取締役社長 高岡浩三)

  「マーケティング・プロセスのマネジメント−その意義と実践的視点−」
     (P&G ノース・イースト・アジア ベビー&アダルト・ケア マーケティング・ディレクター 音部大輔)
 

・パネルコメント「価値を生むマーケティング・プロセス−先進のマーケティング・マネジメントに学ぶ−」

 

・エグゼクティブ・インタビュー「キラキラに魅せられて」
     (播野勤 タマノイ酢株式会社 代表取締役社長)

第三回神戸大学MBA論文賞
 

神戸大学大学院経営学研究科では、東洋経済新報社の後援を得て、今年も引き続き、「第三回神戸大学 MBA論文賞」を実施しました。多数のご応募を頂き、誠にありがとうございました。審査結果は10月下旬発表予定です。また、授与式は、平成18年11月22日(水)に行います。詳しくはこちらをご覧下さい。

   
MBA教育の実際
平成17年度3月修了生の修士論文・専門職学位論文題目リスト
 

平成18年3月に卒業された方々の修士論文・専門職学位論文についてご紹介しております。一覧はこちらからご覧下さい。一部修士論文・専門職学位論文の執筆者名および論題は、執筆者の希望により、公開されておりません。ご了承下さい。

 
在学生・修了生の声
 

神戸大学MBAプログラムの在学生の学生生活、研究、仕事との両立や修了してからの感想、キャリアプランなど、神戸大学MBAプログラムについて在学生・修了生がお答えします。

在学生の声
 

大槻博司 さん (関西電力株式会社勤務  2005年度入学生  國部ゼミ

修了生の声
  西野正一 さん (大日本住友製薬株式会社勤務  2005年度修了生  石井ゼミ)
研究活動
新任教員のご紹介
  平成18年4月から神戸大学大学院経営学研究科に着任した教員をご紹介します。
 

梶原武久
山崎尚志
堀口真司
西村剛
安井一浩

助教授 (会計学分野)
助教授 (商学分野)
助教授 (会計学分野)
助教授 (商学分野)
助教授 (会計学分野)

研究スタッフの著書紹介
  経営学研究科の研究スタッフの近著をご紹介します。
 
原田勉 著
『実践力を鍛える戦略ノート[マーケティング編]』
東洋経済新報社(4月発行)

榊原茂樹 城下賢吾 姜喜永
砂川伸幸
 編著
『パーソナルファイナンス入門』
中央経済社(4月発行)

桜井久勝 著
『財務会計講義(第7版)』
中央経済社(3月発行)

桜井久勝 著
『会計学入門(第3版)』
日本経済新聞社(3月発行)

桜井久勝 須田一幸 著
『財務会計・入門(第4版)』
有斐閣(4月発行)

小川進 著
『競争的共創論』
白桃書房(6月発行)

長田貴仁 著
『ソニー 復活の経営学』
東洋経済新報社(7月発行)

黄りん 著(第4編第9章)
財団法人霞山会 監修
中国総覧編集委員会 編集
『中国総覧(2005〜2006年版)』
ぎょうせい(6月発行)

平野光俊 著
『日本型人事管理』
中央経済社(7月発行)

石井淳藏 水越康介 編
『仮想経験のデザイン』
有斐閣(7月発行)

南知惠子 著
『顧客リレーションシップ戦略』
有斐閣(7月発行)

 

最近のディスカッション・ペーパーから
 

ディスカッション・ペーパーとは経営学研究科の教員が執筆する議論のための論文です。 これをもとに学会や研究会で発表し、改訂・修正を加えて論文として雑誌や本に掲載されます。 ここでは2006年4月〜7月に発刊されたディスカッション・ペーパーのアブストラクトをご紹介します。 *一部閲覧不可とさせて頂いております。悪しからずご了承下さい。

   
 
2006・32

【構築主義的なマーケティング・リサーチの射程:ケース・ベースト・リサーチの擁護】*要約のみ閲覧可

執筆者  栗木契
2006・31

【明治期から大正期の伝統産業における会社制度の基本的性質】*要約のみ閲覧可

執筆者  柴田淳郎 
2006・30

【わが国における経営企画部の調査報告】*要約のみ閲覧可

執筆者  加登豊  石川潔  大浦啓輔  新井康平
2006・29

【システム製品の競争とコンポーネントの互換性−家庭用テレビゲーム産業の基本構造の解明−】*要約のみ閲覧可

執筆者  丸山雅祥 大北健一
2006・28

【伝統文化産業の事業システム−京都花街の事例−】

執筆者  西尾久美子
2006・27

【Share Repurchase Behavior of Japanese Banks】

執筆者  畠田敬
2006・26

【明治期から大正期の陶磁器産業における会社の命運】*要約のみ閲覧可

執筆者  柴田淳郎
2006・25

【明治初期の陶磁器産業における会社の運営原理】*要約のみ閲覧可

執筆者  柴田淳郎
2006・24

【明治初期の陶磁器産業における会社制度の成立】*要約のみ閲覧可

執筆者  柴田淳郎
2006・23

【日本における会社制度に関する歴史的研究の批判的検討】*要約のみ閲覧可

執筆者  柴田淳郎
2006・22

【Public Information, IPO Price Formation, and Long-run Returns: Japanese Evidence】

執筆者  忽那憲治 Janet Kiholm Smith Richard L. Smith
2006・21

【損保株価パズル】【*閲覧不可

執筆者  井上光太郎 加藤英明 山崎尚志
2006・20

【日本の中小小売業における事業継承研究の系譜】【*閲覧不可

執筆者  柳到亨
2006・19

【証券市場における情報量と取引量の関係】

執筆者  後藤雅敏 山地秀俊
2006・18
【ビジネス・エコノミクスの研究・教育内容に関する調査−関連文献の定量的分析(1910〜2005年)−】
執筆者  丸山雅祥
2006・17
【The Business System of Foreign Retailers in Emerging Market: Case of Wal-mart】【*閲覧不可

執筆者  石きん 黄りん