Home -> MBA Square -> eureka-> 20060425  
 
MBA Square
ビジネス・キーワード
  このビジネス・キーワードでは、毎号、時代を反映するキーワードをピックアップし、研究者の視点から読み解きます。今回は「自己奉仕的バイアス(self-serving bias)」と「戦略(strategy)」について解説します。
  【今号のキーワード】
 
「自己奉仕的バイアス(self-serving bias)」 後藤雅敏 教授
「戦略(strategy)」 末廣英生 教授
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書
  経営学研究科の研究スタッフが、経営・経済の諸問題について「テーマ」をしぼり、そのテーマに関する数多くの著書の中から特に「オススメ」の本をご紹介します。今号のテーマは「空の論理と歴史主義の貧困」です。ここでご紹介する本は一般書店で入手可能なものばかりです。ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい。
 
【テーマ】 空の論理と歴史主義の貧困
【今号の推薦者】 原田勉 教授
第53回ワークショップのご報告
  去る3月4日(土)に、神戸大学大学院経営学研究科本館206教室にて現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科の共催で第53回ワークショップ「価値を生むマーケティング・プロセス−先進のマーケティング・マネジメントに学ぶ−」が開催されました。多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。当日のパネル討論の様子は 『ビジネス・インサイト』 54号(2006年7月3日刊行予定)にてお伝えします。
第54回ワークショップのご案内
 

現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科の共催で定期的に開催する研究会がワークショップです。ご興味をお持ちの方は誰でもご参加頂けます。次回は7月8日(土)開催の第54回ワークショップ「モティベーションを極める視点−理論と持論、感動と集中、体系的エンジニアリング−」です。詳しいご案内はこちらからご覧下さい。

『ビジネス・インサイト』の最新号より
 

現代経営学研究所の会誌 『ビジネス・インサイト』 はご存じですか?『ビジネス・インサイト』は平易で実践指向の学術雑誌として学界・産業界から注目を集めています。自由投稿論文はレフェリー制を導入しており、掲載される論文は厳しい審査を通った論文です。本誌の編集に経営学研究科は協力しています。

今号は「第52回ワークショップ特集 売り逃さない仕組み−ディマンド・チェーンの革新論−」をテーマにお送りします。詳しいご案内はこちらからご覧頂けます。
  【今号の目次】
 

「売り逃さない仕組み−セブン−イレブン・ジャパンの事例−」
     (小川進 神戸大学大学院経営学研究科教授)

 

「ファッション・リテールにおけるサプライチェーン・マネジメントの進化」
     (南知惠子 神戸大学大学院経営学研究科教授)

 

「複線型開発における製品間統合のマネジメント」
     (西川英彦 立命館大学経営学部 環境・デザイン・インスティテュート 助教授)

  ・パネル討議「売り逃さない仕組み−ディマンド・チェーンの革新論−」
 

・エグゼクティブ・インタビュー「質実剛健の経営戦略」
     (水野正人 ミズノ株式会社 代表取締役社長)

 

・神戸大学MBA 論文賞優秀論文「成果主義人事制度下の評価体系とその運用に関する研究−納得度からのアプローチ−」
     (大麻良太  富士火災海上保険株式会社 人事部マネージャー)

MBAを目指すみなさんへ
専門職大学院新入生のご報告
 

4月1日 (土) 、85名の2006年度 MBA プログラム生が入学しました。合格された皆様、おめでとうございます。また入学生に関する情報を更新しています。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。


オリエンテーションのご報告
 

3月25日(土)に2006年度MBAプログラム新入生のオリエンテーションが行われました。初顔合わせとなったこの日は、入学してからの授業や設備の説明、先輩達から履修や学生生活についてのプレゼンテーションが行われました。当日の様子はこちらからご覧下さい。


合格への道
 

神戸大学大学院MBAプログラムの在学生の合格体験記をご紹介します。入試対策や受験勉強に役立った参考文献の紹介など、MBAプログラムへの入学希望を持たれてから合格するまでの道のりを書いた貴重な体験レポートです。*この合格体験記は、あくまでも執筆者の個人的見解であり、神戸大学大学院経営学研究科の公式見解ではないことを付記します。

野口豊嗣さん (株式会社日経広告勤務  2005 年度入学生  國部ゼミ


第三回神戸大学MBA論文賞のご案内
 

神戸大学大学院経営学研究科では、2004年度、日本経済新聞社の後援を得て「神戸大学MBA論文賞」を創設しました。今年も引き続き、第三回神戸大学MBA論文賞を実施します。詳細は5月中旬に、神戸大学大学院MBAプログラムホームページに掲載します。

MBA教育の実際
前期講義シラバスのご紹介
 

2006年度前期講義シラバスを掲載しています。このシラバスは実際の授業で使われるものですので、神戸大学大学院MBAプログラムの講義の雰囲気を掴んで頂くことができるでしょう。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。


審査会のご報告
 

2006年2月18日(土)に神戸大学大学院MBAプログラム、 3月修了生の審査会が行われました。今回の審査会では6人が合格しました。当日の様子はこちらからご覧下さい。修士論文・専門職学位論文の題目は一部、著者の都合により掲載を控えさせて頂いております。


ワーキングペーパーのご紹介
 

ワーキングペーパーとは、修士論文・専門職学位論文の中から特に優秀であると教員に認められたもののみ発行できるシステムです。ここでご紹介するのは、2005年度発刊のワーキングペーパーです。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。

研究活動
研究スタッフの著書紹介
  経営学研究科の研究スタッフの近著をご紹介します。
 
忽那憲治 長谷川博和 山本一彦
編著
『ベンチャーキャピタル ハンドブック』
中央経済社(2月発行)

大西康雄 編 黄りん 著(第5章)
『中国・ASEAN 経済関係の新展開』
アジア経済研究所(1月発行)

0長田貴仁 著
『The Panasonic Way』
プレジデント社(2月発行)

0金井壽宏 著
『ひと皮むけるための あったかい仕事力相談室』
千倉書房(3月発行)

加藤英明 監訳
藤原賢哉(第8章共訳)
忽那憲治(第5章)
砂川伸幸(第4章、7章)
『金融経済学ハンドブック』
丸善株式会社 (2月発行)

村上英樹 加藤一誠 
高橋望 榊原胖夫 編著
『航空の経済学』
ミネルヴァ書房(3月発行)
最近のディスカッション・ペーパーから
 

ディスカッション・ペーパーとは経営学研究科の教員が執筆する議論のための論文です。 これをもとに学会や研究会で発表し、改訂・修正を加えて論文として雑誌や本に掲載されます。 ここでは2005年1月〜4月に発刊されたディスカッション・ペーパーのアブストラクトをご紹介します。
*一部閲覧不可とさせて頂いております。悪しからずご了承下さい。

   
 
2006・16

【Measuring Changes in Quality Management: An Empirical Analysis of Japanese Manufacturing Companies】【要約のみ閲覧可】

執筆者  アラウスリタ 松尾博文 鈴木秀男  

2006・15

【日本の製造企業における品質管理の現状と変化に関する調査研究】【要約のみ閲覧可】

執筆者  鈴木秀男 松尾博文 アラウスリタ 

2006・14

【企業間取引におけるコンテクスト共有の意味−在中日系自動車メーカーのサプライ・システム−】

執筆者  高瑞紅

2006・13

【大卒ホワイトカラーにおける組織を背負う意識に関する実証研究】【要約のみ閲覧可】

執筆者  鈴木竜太

2006・12

【Managers Opportunism仮説の裁量的会計行動からの検証】【閲覧不可】

執筆者  岡田克彦 山崎尚志

2006・11

【ユビキタスネット社会における製品開発:ユーザー起動法と開発成果】【閲覧不可】

執筆者  小川進 西川英彦

2006・10

【中小小売商業のありようと家族従業の関係についての研究〜神戸市の商店街調査を中心に〜】【閲覧不可】

執筆者  横山斉理 柳到亨 高室裕史 
      石井淳藏

2006・9

【Vertical mergers and product differentiation】

執筆者  松島法明

2006・8

【ストック・オプション制度の浸透と株式市場の長期performanceの検証】【閲覧不可】

執筆者  與三野禎倫 鄭義哲 古澄英男
2006・7

【Should civil servants be restricted in wage bargaining? A mixed-duopoly approach】

執筆者  石田潤一郎 松島法明 
2006・6

【Value relevance of R&D capital information : Evidence from Tokyo stock exchange】

執筆者  榊原茂樹 與三野禎倫 鄭義哲
      古澄英男
2006・5
【Special Post Office, Privatization and Universal Service Obligation Costs】
執筆者  水谷文俊 浦西秀司
2006・4
【On Weather Derivatives and Temperature Swapping In Japan】
執筆者  高尾厚
2006・3
【A Proposal to Construct “Behavioral Insurance Theory”】
    執筆者 高尾厚 山崎尚志
2006・2
【Cross Shareholding and Unwinding of Cross Shareholding under Managerial Entrenchment】
執筆者  砂川伸幸
2006・1
【ネスレ「キットカット」ブランドの再構築】【要約のみ閲覧可】
執筆者  石井淳藏 森口直子