Home -> MBA Square -> eureka-> 20060125  
 
MBA Square
ビジネス・キーワード
  このビジネス・キーワードでは、毎号、時代を反映するキーワードをピックアップし、研究者の視点から読み解きます。今回は「ネットワーク外部性」と「知的資産経営と知的資産経営報告」について解説します。
  【今号のキーワード】
 
「ネットワーク外部性」 出井文男 教授
「知的資産経営と知的資産経営報告」 古賀智敏 教授
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書
  経営学研究科の研究スタッフが、経営・経済の諸問題について「テーマ」をしぼり、そのテーマに関する数多くの著書の中から特に「オススメ」の本をご紹介します。今号のテーマは「日本的経営とグローバリゼーション」です。ここでご紹介する本は一般書店で入手可能なものばかりです。ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい。
 
【テーマ】 日本的経営とグローバリゼーション
【今号の推薦者】 上林憲雄 教授
第52回ワークショップのご報告
  2005年11月19日(土)に、神戸大学フロンティア館 にて現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科の共催で第52回ワークショップ「売り逃さない仕組み−ディマンド・チェーンの革新論−」が開催されました。多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。当日のパネル討論の様子は『ビジネス・インサイト』53号(2006年4月3日刊行予定)にてお伝えします。
第53回ワークショップのご案内
 

現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科との共催で定期的に開催する研究会がワークショップです。ご興味をお持ちの方は誰でもご参加頂けます。次回は3月4日(土)開催の第53回ワークショップ「価値を生むマーケティング・プロセス−先進のマーケティング・マネジメントに学ぶ−」です。詳しいご案内はこちらからご覧下さい。

『ビジネス・インサイト』の最新号より
 

現代経営学研究所の会誌『ビジネス・インサイト』はご存じですか?『ビジネス・インサイト』は平易で実践指向の学術雑誌として学界・産業界から注目を集めています。自由投稿論文はレフェリー制を導入しており、掲載される論文は厳しい審査を通った論文です。本誌の編集に経営学研究科は協力しております。

今号は「第51回ワークショップ特集 企業の競争優位性と知的資産の活用−知的資産のレポーティングとファイナンス−」をテーマにお送りします。詳しいご案内はこちらからご覧頂けます。
  【今号の目次】
 

・特集 1 「知的財産マネジメント−オムロン事例を交えて−」
    (北尾善一 オムロン株式会社 経営企画室知的財産部 企画グループマネジャー)

 

・特集 2 「知的資産マネジメントと持続的競争優位」
     (内田恭彦 神戸大学大学院経営学研究科助教授)

 

・特集 3 「ナレッジ型経済と企業の資金調達スキームの変貌」
     (古賀智敏 神戸大学大学院経営学研究科教授)

  ・特集 4 パネル討議
      「企業の競争優位性と知的資産の活用−知的資産のレポーティングとファイナンス−」
 

・トップインタビュー 「働くこと(経営企画)と学ぶこと(MBA)のミッション・リンク」
    (金内一裕 宝酒造株式会社 常務執行役員 海外事業本部長)

 

・自由投稿論文「企業再建における一考察−フェニックス電機の会社更生の事例より−」
    (栗林宏行 株式会社フェリシモ総務部 ・ 小野善生 滋賀大学経済学部講師)

MBA教育の実際
本年度入学生研究状況
 

2005 年度入学生の専門職学位論文に向けた研究状況について、各ゼミナール担当教員より報告して頂きます。専門職学位論文作成に向けて、本格的な研究がいよいよ始まります。本年度入学生研究状況はこちらからご覧下さい。

プロジェクト研究担当: 加護野忠男 教授
  國部克彦 教授
  小川進 教授
  原拓志 教授
専門職学位論文論題一覧
 

2005年9月にMBAプログラムを修了した方々の専門職学位論文についてご紹介しております。専門職学位論文論題一覧はこちらからご覧下さい。
*一部専門職学位論文の執筆者名及び論題は執筆者の希望により公開されておりません。悪しからずご了承下さい。

海外ビジネススクールとの交流活動
 

神戸大学MBAの学生とイギリスの提携校であるCranfield大学の学生との交流活動についてお伝えします。 2005年9月にはイギリスで、10月末から11月上旬にかけては日本で、企業訪問をはじめとする様々な交流活動を行いました。 こちらからご覧下さい。

 
在学生・修了生の声
 

神戸大学MBAプログラムの在学生の学生生活や修了してからの感想、キャリアプランなど、神戸大学MBAプログラムについて在学生・修了生がお答えします。

在学生の声
 

山口賢也 さん  (大阪ガス株式会社勤務  2005 度入学生  加護野ゼミ)

修了生の声
  赤阪朋彦 さん (株式会社メディアート勤務  2005 年度修了生  平野ゼミ
研究活動
研究スタッフの著書紹介
  経営学研究科の研究スタッフの近著をご紹介します。
 

久保英也 著
『生命保険業の新潮流と将来像』
千倉書房(10月発行)

長田貴仁 他  著
『気づく力』
プレジデント社(8月発行)

加護野忠男 長田貴仁 他 著
『「叱り方」入門』
プレジデント社(11月発行 )

三品和広 編著
『経営は十年にして成らず』
東洋経済新報社(11月発行)

神戸大学 IFRS プロジェクト あずさ監査法人 IFRS プロジェクト 編著
『国際会計基準と日本の会計実務[新版]』
同文舘出版(11月発行)

金井壽宏 高橋俊介 著
『キャリアの常識の嘘』
朝日新聞社(12月発行)

加護野忠男 三品和広 他 著
『企業とガバナンス リーディングス 第2巻 日本の企業システム 第II期』
有斐閣(12月発行)

 

最近のディスカッション・ペーパーから
 

ディスカッション・ペーパーとは経営学研究科の教員が執筆する議論のための論文です。 これをもとに学会や研究会で発表し、改訂・修正を加えて論文として雑誌や本に掲載されます。ここでは2005年10月〜12月に発刊されたディスカッション・ペーパーのアブストラクトをご紹介します。*一部閲覧不可とさせて頂いております。悪しからずご了承下さい。

   
 
2005・50

【ネット・コミュニティの新しい地平〜純粋コミュニティと仮想市場〜】

執筆者  石井淳藏
2005・49

【「行動保険学」再考】

執筆者  高尾厚 山ア尚志
2005・48

【ユーザー起動法とブランド・コミュニティ:良品計画の事例】

執筆者  小川進
2005・47

【国際提携におけるコンフリクト・マネジメント: MHI 対中進出の事例を中心に】
【要約のみ閲覧可】

執筆者  高瑞紅
2005・46

【External Equity at Start-up and Post-entry Performance: Evidence from Japan】

執筆者  忽那憲治 本庄裕司
2005・45

【組織行動論における集団特性の分析手法−マルチレベル分析に関する研究ノート−】

執筆者  鈴木竜太 北居明
2005・44

【Regulation and Deregulation in the Japanese Rail Industry】 【要約のみ閲覧可】

執筆者  水谷文俊

2005・43

【中国自動車産業におけるサプライチェーンマネジメント(SCM)についての研究】
【要約のみ閲覧可】

執筆者  高瑞紅 下野由貴

2005・42

【Profit-enhancing know-how disclosure: A strategic view】

執筆者  松島法明 小川進
2005・41
【日本型人事管理の進化型−上場製造業の人事部長アンケート調査から−】
執筆者  平野光俊
2005・40
【Proposal for a New Solvency Index for Life Insurance Companies − Detection of Insolvent Companies at an Early Stage by means of Adjusted Basic Profit and Solvency CI】 【要約のみ閲覧可】

執筆者  久保英也

2005・39
【Outward Foreign Direct Investment in Unionized Oligopoly: Some Welfare Implications】

執筆者  石田潤一郎  松島法明

2005・38
【固定資産の減損会計へのリアル・オプション・アプローチ】

執筆者  與三野禎倫

2005・37

【Strategic Alliance versus Competition: Airlines' Choices and their Impact on Economic Welfare】

執筆者  村上英樹

2005・36
【売り逃さない仕組み】

執筆者  小川進

2005・35
【Productivity Effects and Determinants of Public Infrastructure Investment】

執筆者  水谷文俊 田中智泰

2005・34

【企業情報の開示、アナリストの情報精度と株主資本コスト】

執筆者  音川和久 村宮克彦

2005・33
【サステナビリティ会計の体系】

執筆者  國部克彦