Home -> MBA Square -> eureka-> 20050425  
 
MBA Square
ビジネス・キーワード
  このビジネス・キーワードでは、毎号、時代を反映するキーワードをピックアップし、研究者の視点から読み解きます。今回は「国際的なM&A」と「公認会計士・監査審査会」について解説します。
  【今号のキーワード】
 
「国際的なM&A」 黄りん 教授
「公認会計士・監査審査会」 小澤康裕 助手
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書
  経営学研究科の研究スタッフが、経営・経済の諸問題について「テーマ」をしぼり、そのテーマに関する数多くの著書の中から特に「オススメ」の本をご紹介します。今号のテーマは「非営利組織とマネジメント・コントロールシステム」です。ここでご紹介する本は一般書店で入手可能なものばかりです。ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい。
 
【テーマ】 非営利組織とマネジメント・コントロールシステム
【今号の推薦者】 松尾貴巳 助教授
第49回ワークショップのご報告
  去る3月5日(土)に、神戸大学大学院経営学研究科本館206教室にて現代経営学研究所主催の第49回ワークショップ「経営力はどのようにして身につくものなのか」が開催されました。多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。当日のパネル討論の様子は 『ビジネス・インサイト』 50号(2005年7月3日 発刊予定)にてお伝えします。
第50回ワークショップのご案内
 

現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科との共催で定期的に開催する研究会がワークショップです。ご興味をお持ちの方は誰でもご参加頂けます。次回は6月11日(土)開催の第50回ワークショップ「日本企業の技術経営の課題−デジタル家電を事例として−」です。詳しいご案内はこちらからご覧頂けます。

営業改革研究会セミナーのご案内
 

2005年8月に現代経営学研究所主催、神戸大学大学院経営学研究科高嶋教授の運営による営業改革研究会が開設されます。
開設に先立ち、営業改革研究会セミナー「営業改革をいかに進めるか」を6月23日(木)(PM 13:30−16:30)、神戸大学大阪経営教育センターで開催します。こちらのセミナーは誰でも無料でご参加頂けます。申し込み・問い合わせは、Fax: 06(6201)8687、Mail: bi@riam.jpにてお願いします。営業改革研究会および営業改革研究会セミナーについての詳しい情報は、こちらをご覧下さい。

『ビジネス・インサイト』の最新号より
 

現代経営学研究所の機関誌 『ビジネス・インサイト』 はご存じですか?『ビジネス・インサイト』は平易で実践指向の学術雑誌として学界・産業界から注目を集めています。自由投稿論文はレフェリー制を導入しており、掲載される論文は厳しい審査を通った論文です。本誌の編集に経営学研究科は協力しております。

今号は「第48回ワークショップ特集 日本的品質管理の功罪−シックスシグマの狙い−」をテーマにお送りします。詳しいご案内はこちらからご覧頂けます。
  【今号の目次】
 

・特集 1 「日本的品質管理の再生」
     (加登豊 神戸大学大学院経営学研究科教授)

 

・特集 2 「品質管理の専門誌に見る品質管理の問題点とそれを考える手がかり」
     (安酸建二 流通科学大学商学部講師)

 

・特集 3 「ROQ アプローチによる日本的品質管理の再構築」
     (梶原武久 小樽商科大学大学院商学研究科助教授)

  ・特集4 パネル討議「日本的品質管理の功罪−シックスシグマの狙い−」
 

・トップインタビュー「グローバルに通用するトップマネジメント人材をサーチする
     −わが国におけるエグゼクティブ・サーチビジネスの現状と将来−」
     (辻淳一郎 日本スペンサースチュアート株式会社 シニア・ディレクター/パートナー)

 

・神戸大学 MBA 論文賞 優秀論文「研究開発投資のオプション価値評価」
     (松下電器産業株式会社 先端技術研究所 戦略企画グループ 北尾信夫)

MBAを目指すみなさんへ
専門職大学院新入生のご報告
 

4月6日 (水) 、69名の2005年度 MBA プログラム生が入学しました。合格された皆様、おめでとうございます。また入学生に関する情報を更新しております。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。

   

オリエンテーションのご報告
 

3月27日(日)に2005年度MBAプログラム新入生のオリエンテーションが行われました。初顔合わせとなったこの日は、入学してからの授業や設備の説明、先輩達から履修や学生生活についてのプレゼンテーションが行われました。当日の様子はこちらからご覧下さい。


合格への道
 

神戸大学大学院MBAプログラムの在学生の合格体験記をご紹介します。入試対策や受験勉強に役立った参考文献の紹介など、MBAプログラムへの入学希望を持たれてから合格するまでの道のりを書いた貴重な体験レポートです。*この合格体験記は、あくまでも執筆者の個人的見解であり、神戸大学大学院経営学研究科の公式見解ではないことを付記します。

西山順子 さん (株式会社アサツー ディ・ケイ勤務  2004 年度入学生  石井ゼミ


第二回神戸大学MBA論文賞のご案内
 

昨年、神戸大学大学院経営学研究科では、日本経済新聞社の後援を得て「神戸大学MBA論文賞」を創設しました。今年も引き続き、第二回神戸大学MBA論文賞を実施します。詳細は4月頃、神戸大学大学院MBAプログラムホームページに掲載します。

MBA教育の実際
前期講義シラバスのご紹介
 

2005 年度前期講義シラバスを掲載しています。このシラバスは実際の授業で使われるものですので、神戸大学大学院MBAプログラムの講義の雰囲気を掴んで頂くことができるでしょう。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。

   

審査会のご報告
 

2005年2月19日(土)に神戸大学大学院MBAプログラム、 3月修了生の審査会が行われました。今回の審査会では14人 が合格しました。合格された皆様、おめでとうございます。当日の様子はこちらからご覧下さい。修士論文の題目は一部、著者の都合により掲載を控えさせて頂いております。


ワーキングペーパーのご紹介
 

ワーキングペーパーとは、修士論文の中から特に優秀であると教員に認められたもののみ発行できるシステムです。ここでご紹介するのは、 2004年度発刊のワーキングペーパーです。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧頂けます。

研究活動
研究スタッフの著書紹介
  経営学研究科の研究スタッフの近著をご紹介します。
 
内藤文雄 森實 井原理代 共編著
『基本からわかる財務諸表情報』(改訂版)
税務経理協会(2004年12月発行)

内藤文雄 著
『財務諸表監査の考え方』
税務経理協会 (2004年2月発行)

0石井淳藏 著
『マーケティングの神話』
岩波書店(2004年12月発行)

0石井淳藏 廣田章光 著
『 1 からのマーケティング』
硝学舎(2004年11月発行)

加藤英明 監訳
ロバート・ A ・ハウゲン 著
木元伸行・高橋大志・廣瀬勇秀 訳
『株式投資の新しい考え方』
ピアソン・エデュケーション( 1 月発行)

桜井久勝 著
『財務会計講義[第6版]』
中央経済社( 3 月発行)
南知惠子 著
『リレーションシップ・マーケティング』
千倉書房( 3 月発行)

金井壽宏 著
『リーダーシップ入門』
日本経済新聞社( 3 月発行)

高嶋克義 著
『経営改革のビジョン』
光文社新書 (3月発行)

 

最近のディスカッション・ペーパーから
 

ディスカッション・ペーパーとは経営学研究科の教員が執筆する議論のための論文です。 これをもとに学会や研究会で発表し、改訂・修正を加えて論文として雑誌や本に掲載されます。 ここでは2005年1月〜4月に発刊されたディスカッション・ペーパーのアブストラクトをご紹介します。
*一部閲覧不可とさせて頂いております。悪しからずご了承下さい。

   
 
2005・10

【 Some Notes on Weather Derivatives & Temperature Swapping in Japan 】

執筆者  高尾厚

2005・9

【低費用航空会社参入の市場効果の持続性 : 米国複占市場におけるケース】

執筆者  村上英樹

2005・8

【マーケティングに携わる実務家のためのケーススタディ】【閲覧不可】

執筆者  栗木契
2005・7

【ナイキを飛躍させた新しいスタイルのプロモーション−一目瞭然であることの強み】【閲覧不可】

執筆者  栗木契
2005・6

【ファミコンに見るハードとソフトの連携の仕組み】【閲覧不可】

執筆者  栗木契
2005・5
【 The Effects of Privatization on Productivity and Capital Adjustment 】
執筆者  水谷文俊 浦西秀司
2005・4
【セブン−イレブンの事業システム】
執筆者  小川進
2005・3
【 Valiability of Buyer-Supplier Relationships:Empirical Evidence from Japanese Keiretsu Systems 】
執筆者 清水信匡 加登豊 坂口順也 河合隆治
2005・2
【企業再生の多様な方法】
執筆者  中野常男 中島裕喜(編集)
2005・1
【固定資産の減損会計へのリアル・オプション・アプローチ】
執筆者  與三野禎倫