神戸大学MBA

アクセスマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 標準
研究科長・MBA教務委員のメッセージ

研究科長・MBA教務委員からのメッセージ

研究科長挨拶

神戸大学経営学研究科の起源は、1902年に創設された旧制官立神戸高等商業学校に遡ります。1926年には、すでに「經營学」という名称の授業科目を開講していました。その後1929年に神戸商業大学に昇格し、1949年に学制改革により神戸大学が設置された時に、わが国最初の経営学部となりました。六甲台キャンパスの本館前庭にある「我が国の経営学ここに生まれる」という石碑は、この歴史を刻んでいます。

私たちは、創設当初より「自由、真摯、協同」の精神で、学理と実務の融合を目指し、日本の経営学の研究教育拠点として、研究成果を広く社会に還元し、実業界および学界に多くの優秀な人材を輩出してきました。現在、経営学・会計学・商学の幅広い分野において、最先端の研究を展開する約60名の教授・准教授を擁し、経営学の世界トップレベルのグローバルな研究教育拠点として、さらに発展を続けています。

経営学研究科は、経営学をグローバルレベルでリードする研究者を育成するPh.D.コース、企業の経営リーダーを育成するMBAコース、将来の経済界を担っていける人材を育成する学部の3つから構成されています。学部、Ph.D.コースおよびMBAコースのそれぞれにおいて、KIBER、SESAMIおよびRSTという国際教育プログラムを走らせて、グローバルレベルでの経営教育を推進しています。また、学部では、経営学のコアを少人数で体系的に体得するための経営学特別学修プログラムを設けているほか、会計プロフェッショナル育成プログラムにおいて公認会計士などの高度職業人の育成にも力を入れています。

経営学研究科の最大の魅力は、世界トップレベルの経営学に神戸の地で触れることができることです。しかも、それを生涯にわたって継続することが可能です。学部を卒業して就職してからでも、MBAで再び勉学を続けることができますし、社会人になってからPh.D.を目指すこともできます。さらに、学部を卒業または大学院を修了した後も、最先端の経営学に触れることのできるさまざまな機会も提供しています。大学院に戻らなくても、経営学研究科の研究成果と教育資源は、いつでも卒業生の皆さんに開放されているのです。

経営学研究科本館を中心とするキャンパスは、学生時代に勉学し思索にふけるのに最適なだけでなく、いつでも同じ姿で皆さんを見守るベースとして存在し続けます。是非、私たちと一緒に六甲台という経営の殿堂で経営学の勉学・研究に邁進しましょう。

神戸大学大学院経営学研究科長 鈴木一水

MBA教務委員のメッセージ

神戸大学経営学研究科公式Youtubeアカウントにて、MBA教務委員からのメッセージを公開しました。下記の動画をご覧ください。

神戸大学大学院MBA教務委員 栗木 契