Home -> MBA Square -> eureka-> 20141024  
 
MBA Square
ビジネス・キーワード
  このビジネス・キーワードでは、毎号、時代を反映するキーワードをピックアップし、研究者の視点から読み解きます。今回は「徴利」、「製品コンセプト」について解説します。
  【今号のキーワード】
 
「徴利」 中野常男 教授
「製品コンセプト」 宮尾学 准教授
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書
  経営学研究科の研究スタッフが、経営・経済の諸問題について「テーマ」をしぼり、そのテーマに関する数多くの著書の中から特に「オススメ」の本をご紹介します。今号のテーマは「経営学と公共哲学」と「マーケティングの視点から価値の創造を考える」です。ここでご紹介する本は、一般書店で入手可能なものばかりです。ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい。
  【今号のテーマ】
 
「経営学と公共哲学」

鈴木竜太 教授

 
「マーケティングの視点から価値の創造を考える」

森村文一 准教授

第86回ワークショップのご報告
  2014年10月5日(日)に、神戸大学大学院経営学研究科 本館2階206教室にて第86回ワークショップ『グローバルと現地・経営と財務管理:ネスレ日本に学ぶ』が開催されました。多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。
第25回シンポジウム開催のご案内
 

2014年11月23日(日)13時30分より、神戸大学大学院経営学研究科 本館2階 206教室にて、第25回シンポジウム『獺祭(だっさい)、新政(あらまさ) に見る日本酒業界の革新 −伝統産業は伝承産業ではない−』を開催致します。現代経営学研究所では、年1回シンポジウムを開催しており、日本の産業界が抱える切実な問題を取り上げることで、毎年多くのビジネスパーソンからご高評を賜っております。
ご案内・お申し込みはこちらよりご覧下さい。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

『ビジネス・インサイト』のご案内
 

現代経営学研究所の会誌『ビジネス・インサイト』をご存じですか?『ビジネス・インサイト』は平易で実践指向の学術雑誌として学界・産業界から注目を集めています。本誌の編集に経営学研究科は協力しております。 詳しくはこちらからご覧下さい。

※現代経営学研究所賛助会員の方への『ビジネス・インサイト』のお届けが、『eureka』配信日より遅くなる場合もございますので、ご了承ください。

神戸大学大学院経営学研究科公式Twitterアカウント
  Twitterよりさまざまな情報をリアルタイムでお届けしております。
MBA教育の実際
平成26年度後期講義シラバスのご紹介
 

平成26年度入学生が入学して、半年が過ぎました。後期は各ゼミナールに分かれ、専門職学位論文に向けた本格的な研究が始まります。それと並行して多様な授業が開講されます。後期授業の内容についてはこちらからご覧下さい。

ケースプロジェクト発表会のご報告
 

去る8月2日(土)、神戸大学本館306号室におきまして、MBA1年生によるケースプロジェクト研究発表会が行われました。ケースプロジェクトとは、神戸大学の独自の教育方法である「プロジェクト方式」を実践していくにあたっての前段階であり、この発表会はMBA1年生が前期に履修する「ケースプロジェクト研究」の総括です。当日の様子についてはこちらからご覧下さい。

審査会のご報告
 

MBAプログラムにおける研究成果である専門職学位論文の審査会が8月30日(土)に行われました。今年度は73名が合格、73名が修了しました。審査会についてはこちらから、審査結果はこちらからご覧頂けます。
*専門職学位論文の題目の一部は著者の都合により、掲載を控えさせて頂いております。

在学生・修了生の声
 

神戸大学MBAプログラムの在学生の学生生活、研究、仕事との両立や修了してからの感想、キャリアプランなど、神戸大学MBAプログラムについて在学生・修了生がお答えします。

在学生の声
  村瀬敦啓 さん(日立建機日本株式会社勤務 2014年度入学生 栗木契ゼミ)
修了生の声
  広木誠 さん(パナソニック株式会社勤務 2014年度修了生 原田勉ゼミ)
研究活動
研究スタッフの著書紹介
  経営学研究科の研究スタッフの近著をご紹介します。
   

金井壽宏 著
『「このままでいいのか」と迷う君の明日を変える働き方』
日本実業出版社  2014年3月

曽山 哲人 金井壽宏 著
『クリエイティブ人事 個人を伸ばす、チームを活かす』
光文社 2014年7月  

最近のディスカッション・ペーパーから
 

ディスカッション・ペーパーとは経営学研究科の教員が執筆する議論のための論文です。これをもとに学会や研究会で発表し、改訂・修正を加えて論文として雑誌や本に掲載されます。ここでは2014年7月以降に発刊されたディスカッション・ペーパーのアブストラクトをご紹介します。

2014年出版一覧はこちら(*一部閲覧不可とさせて頂いております。悪しからずご了承下さい)