Home -> MBA Square -> eureka-> eureka EXPRESS 2013年7月2日号  
 
 
入試情報
◇平成26年度MBA生募集のご案内

平成26年度神戸大学大学院経営学研究科の専門職大学院(社会人MBAプログラム)の募集要項が発表されました。われわれは日本のビジネス社会の中核となるプロフェッショナル(高度専門職業人)を育成するのにもっとも適切な方法は何かを常に考えています。日本の経営方式やビジネスの慣行の合理性と限界について正確な知識をもち、国際的に活躍できるビジネス・エリートを育成することを目的としています。また、多様な教育ニーズをもった人々の要求に応えることができる教育カリキュラムをご用意しております。

募集要項の詳細についてはこちらをご覧下さい。
 
MBA教育の実際
◇平成26年度専門職大学院現代経営学演習担当者のご紹介

平成26年度専門職大学院現代経営学演習担当者が決定しました。各担当教員から、現在関心のある研究、MBA生に期待すること、現代経営学演習の進め方について紹介致します。

 

高橋潔 教授
(1) 現在関心のある研究
新人事評価制度の構築、創造性の開発と測定、日本型リーダーシップのモデル構築、内発的モチベーションの操作化、仕事能力(コンピテンシー)の把握、組織文化と個人のフィットなど、個人に内在する要素や行動を見える化し、評価測定することに関心をもっています。
(2) MBA生に期待すること
経営人材にかかわる各社の課題を、新しいパラダイムから見直して、人事に新風を吹き込むことを期待しています。採用選考、人材育成、モチベーション・マネジメント、リーダーシップ開発、キャリア開発、人事評価、賃金管理、福利厚生など、さまざまなポイントで、常識を疑ってみる心構えが大切です。
(3) 現代経営学演習の進め方
根本の問題関心がぶれていると、その土台に城は建ちません。したがって、各ゼミ生の選んだ課題に対する考え方や常識にチャレンジし、そもそも論からアプローチします。その後は、調査に向けた技術論・方法論に移り、フィールドでの調査が終わったら、論文にまとめるため執筆作業が続きます。演習はレクチャー、グループ討議、統計解析演習、個人指導など、いろいろなメソッドで実施されます。また、外部の講師によるレクチャーもあります。

 

栗木契 教授
(1) 現在関心のある研究
市場の潜在性をいかに企業が掘り起こすかという問題に関心をもっています。また、企業ウェブサイトのマーケティング利用の実態を解明する研究も進めています。
(2) MBA生に期待すること
職場の優れたリーダーとしての能力を、MBAでの学びを通じて高めてください。
(3) 現代経営学演習の進め方
論文作成能力の向上は、ビジネスにおける情報収集能力、そして問題に対する診断・解決提案力の向上につながります。仲間との学びは、事業観、人間観、洞察力、行動力、企業家精神の研鑽につながります。楽しくそして真剣に、ゼミ生の所属企業のマーケティングの高度化につながる研究に取り組みます。

 

梶原武久 教授
(1) 現在関心のある研究
戦略策定や実行を支援する管理会計システムやコストマネジメントを研究対象としてます。最近は、非財務指標による相対的業績評価の効果や日本企業のコストマネジメント行動について実証的な研究を行っています。
(2) MBA生に期待すること
実務に根ざした問題意識に対して、理論が教える基本原理・原則や自ら収集したデータ(インタビューや統計データなど)と対話しながら、とことん考え抜いてほしいと思っています。
(3) 現代経営学演習の進め方
テーマは、実務や関心に基づき自由に設定してください。既に書かれたものを勉強すればすぐに答えが出るようものではなく、論文を通じてその問題を考え抜くことが、社会的にも意義があるようなテーマを選んでください。
また、しっかり読むことによって基本原理や原則を知ること、自らの主張を裏付けるためにユニークなデータを収集することなどを重視します。

 

畠田敬 准教授
(1) 現在関心のある研究
気づくと40と半ばになりました。以下にあるように、ここ数年間、コーポレート・ファイナンス中心の研究をしています。
・企業のR&D投資政策、ペイアウト政策、マーケットマイクロストラクチャー
・環境パフォーマンスと財務パフォーマンスの関係
・金融機関のリスクテイキング行動
(2) MBA生に期待すること
「自分自身の価値を高める」という断固たる決意を持つこと。そして、真面目に、積極的に自らの研究に取り組んでいただけることを期待しています。
(3) 現代経営学演習の進め方
修士論文を作成するために、各自、以下のステップを踏んでもらいます。
・日々の仕事場で直面する課題を通じて関心のあるテーマの選択。
・関心のあるテーマにそって、検証したい仮説の明確化。
・仮説を検証するために必要な分析手法の修得。
・実証的な調査研究(1仮説の 検証、2検証結果についての解釈、3更なる調査、4その検証結果についての解釈、以下、3、4の繰り返し)。
当然ながら、ゼミ生には、自分の研究だけでなく、ゼミ全体がよくなるような心持ちで取り組むことを期待します。

 

松嶋登 准教授
(1) 現在関心のある研究
経営組織論を理論基盤とした経営学全般(例えば、制度的環境下での企業の戦略的行動、ビジネスエコシステムとしての産業創出、情報技術の利用を通じた組織変革、組織への参加を通じたアイデンティティ形成と管理戦術など)
(2) MBA生に期待すること
専門職学位課程の修士論文では、企業の現場で抱いている実践的な問題意識を深く深く掘り下げていただきたいと思います。ときに煩わしいと感じられる(であろう)学術研究における様々なルールも、自分自身の思考を論理的に強制するための道具だと考えてください。皆さんの研究から経営学の新たな可能性が拓かれることを、大いに期待します。
(3) 現代経営学演習の進め方
・現場で直面している研究課題を明確にする(4月〜7月)
・研究課題に関連して経営学の基礎的文献を輪読する(ゼミでの輪読だけではなく、経営管理特論の受講を推奨します)(4月〜7月)
・研究課題に応えるために依拠できる先行研究を探す(8月〜10月)
・依拠する先行研究の批判的検討と(広義の)追試を行う(10月〜3月)
・修士論文の執筆(4月から最後まで)