Home -> MBA Square -> eureka-> eureka EXPRESS 2012年7月2日号  
 
 
入試情報
◇平成25年度MBA生募集のご案内

平成25年度神戸大学大学院経営学研究科の専門職大学院(社会人MBAプログラム)の募集要項が発表されました。われわれは日本のビジネス社会の中核となるプロフェッショナル(高度専門職業人)を育成するのにもっとも適切な方法は何かを常に考えています。日本の経営方式やビジネスの慣行の合理性と限界について正確な知識をもち、国際的に活躍できるビジネス・エリートを育成することを目的としています。また、多様な教育ニーズをもった人々の要求に応えることができる教育カリキュラムをご用意しております。

募集要項の詳細についてはこちらをご覧下さい。
 
MBA教育の実際
◇平成25年度専門職大学院現代経営学演習担当者のご紹介

平成25年度専門職大学院現代経営学演習担当者が決定しました。各担当教員から、現在関心のある研究、MBA生に期待すること、現代経営学演習の進め方について紹介致します。

 

小川進 教授
(1) 現在関心のある研究
イノベーションの民主化、ユーザー・イノベーション
(2) MBA生に期待すること
自分の限界を超えて誠実に研究に取り組むこと
(3) 現代経営学演習の進め方
・自分の現場で直面する課題を明確にする(最初の半年)
・自分の検証したい仮説を浮き上がらせる(演習開始の4ヶ月後)
・実際にフィールドで調査する(演習開始の大体4ヶ月後から演習最後まで)
・調査結果のインプリケーションを理論と実践について考える(演習開始4ヶ月後から最後まで)
・結果として修士論文が書きあがる。(演習開始後半年から最後まで)    

 

原田勉 教授
(1) 現在関心のある研究
イノベーション・メカニズムを経済学的なモデルとして解明し、有効な技術政策のあり方や比較優位の構築のパターンについて明らかにしていくことに関心をもっています。モデル化の仕事が一段落したら、次に実証研究に移りたいと思っています。
(2) MBA生に期待すること
すでに分野で中堅として活躍しているMBA生が相互に切磋琢磨することが学びそのものとなります。真面目に、積極的にゼミの研究に取り組んでいただけることを期待しています。
(3) 現代経営学演習の進め方
国内の学術誌に投稿することができる水準の修士論文の完成を目標とし、論文指導を中心に進めていきます。

 

平野光俊  教授
(1) 現在関心のある研究
イノベーションを支援する戦略的人材マネジメントを研究しています。ここでいう「戦略的」という意味は、事業戦略、組織構造、人材マネジメントの適合およびマネジメントと環境との補完性を設計するという意味です。組織行動論と組織の経済学を応用しながら研究しています。ダイバーシティ・マネジメントやグローバル人材開発も射程です。
(2) MBA生に期待すること
専門職学位論文の作成指導を通して、各自が持っている職場の問題意識を深掘りし、その問題に対するソリューションをフォーマルな学術的知見と科学的方法によって見出していきます。その営みを通して論理的思考を高め同時に視野の拡大を図ります。後で振り返って「たしかに一皮むけた」と思えるようにチャレンジ精神を発揚してください。
(3) 現代経営学演習の進め方
ゼミでは「ビシバシ」と、ゼミが終われば「和気あいあい」と、つまり「知的体育会系」をモットーとします。加えて自分の研究だけがよくなるのではなくゼミ全体がよくなるようにチームワークをもって進めていきます。

 

砂川伸幸  教授
(1) 現在関心のある研究
企業の経営戦略をファイナンスのツールを用いて分析することに関心があります。細かなところでは、海外企業のバリュエーションにおけるカントリーリスクや割引率に関心があります。私はM&Aバリュエーションのアドバイスをすることがあるため、このテーマは理論と実務の双方の視点から研究しています。証券会社の人財育成にも関わっており、証券会社と事業法人の関連性も興味があります。
(2) MBA生に期待すること
価値を高めること。また、皆さんの後進になる神戸大学大学院経営学研究科・経営学部の学生と交流していただくことを期待します。
(3) 現代経営学演習の進め方
大学で研究するのですから、テーマ設定、文献研究、方法論の修得、テーマ見直しと決定、調査研究、論文執筆、ダメだし、書き直し、修正、修正、・・・、完成 という王道を愚直に進めます。ゴルフが趣味ですので、グリーンミーティングもしたいですね。

 

三矢裕  教授
(1) 現在関心のある研究
危機時の意思決定における財務・非財務情報や会計担当者の役割、インタンジブルズマネジメント、アメーバ経営、企業再生、業績測定における財務・非財務情報の役割、アクションリサーチ    
(2) MBA生に期待すること
作品を残すつもりで研究して下さい。それくらいの気持ちでやると、いろんな点で得るものも大きいと思います。明るく仲良く元気よく。    
(3) 現代経営学演習の進め方
各自の関心でテーマを選んでもらいます(必ずしも管理会計をテーマにする必要はありません)。
自分の仕事の範囲にとどまらずに、世の中全体に対して貢献のあるテーマにしてください。 定性的・定量的を問わず、テーマにフィットしたアプローチで実証的な研究を行なってもらいます。

なお、2008〜2009年に初めてMBAゼミを担当した時の様子は以下のとおりです。もちろん改善をしたいですが、同じような傾向になるのではないかと思います。
http://mba.kobe-u.ac.jp/life/thesis/judge/2009fall/report.htm#miya

 
MBA Square

◇戦略的企業家教育センターの運営委員長 兼 センター長に忽那憲治教授が就任しました

2012年5月15日に設立されました、戦略的企業家教育センター(Strategic Entrepreneur Education Center:略称SEEC、シーク)の運営委員長(兼 センター長)に、忽那憲治教授が就任しました。
「戦略的企業家教育センター」は、我が国の産業界に求められている「戦略的企業家精神」と、それに基づく新事業創造・新産業創造に必要不可欠な「アントレプレナー・ファイナンス」の両領域を対象に、戦略的企業家の教育・育成と同分野の若手研究者の育成を目指す機関として設立されました。