Home -> MBA Square -> eureka-> 20110425  
 
MBA Square
ビジネス・キーワード
  このビジネス・キーワードでは、毎号、時代を反映するキーワードをピックアップし、研究者の視点から読み解きます。今回は「地域分割と上下分離」と「官民協働」について解説します。
  【今号のキーワード】
 
「地域分割と上下分離」 水谷文俊 教授
「官民協働」 松尾貴巳 教授
研究スタッフが選ぶ、オススメ図書
  経営学研究科の研究スタッフが、経営・経済の諸問題について「テーマ」をしぼり、そのテーマに関する数多くの著書の中から特に「オススメ」の本をご紹介します。今号のテーマは「実践のディシプリンとしての経営学」と「レスター・ブラウン『プランB 4.0 人類文明を救うために』」です。ここでご紹介する本は、一般書店で入手可能なものばかりです。ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい。
  【今号のテーマ】
 
「実践のディシプリンとしての経営学」 松嶋登 准教授
「レスター・ブラウン『プランB 4.0 人類文明を救うために』」 蔵本一也 准教授
第73回ワークショップのご報告
  去る3月27日(日)に、神戸大学大学院経営学研究科 206教室にて現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科の共催で、第73回ワークショップ「産学連携による”組織と人材マネジメントに秀でた変革型リーダー”の育成」が開催されました。多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。当日のパネル討論の様子は『ビジネス・インサイト』 74号にてお伝えします。
第74回ワークショップのご案内
 

現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科の共催で定期的に開催する研究会がワークショップです。次回は6月12日(日)13:30より神戸大学大学院経営学研究科 206教室にて第74回「組織変革、組織開発、意識改革」を開催いたします。詳しいご案内はこちらからご覧下さい。

『ビジネス・インサイト』のご案内
 

現代経営学研究所の会誌『ビジネス・インサイト』をご存じですか?『ビジネス・インサイト』は平易で実践指向の学術雑誌として学界・産業界から注目を集めています。本誌の編集に経営学研究科は協力しております。
今号の特集は「アントレプレナーシップの思考」です。詳しくはこちらからご覧下さい。

MBAを目指すみなさんへ
専門職大学院新入生のご報告
 

4月1日(金)、69名の2011年度MBAプログラム生が入学しました。合格された皆様、おめでとうございます。また入学生に関する情報を更新しています。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。

オリエンテーションのご報告
 

3月26日(土)に2011年度MBAプログラム新入生のオリエンテーションが行われました。初顔合わせとなったこの日は、入学してからの授業や設備の説明、先輩達から履修や学生生活についてのプレゼンテーションが行われました。当日の様子はこちらからご覧下さい。

合格への道
 

神戸大学大学院MBAプログラムの在学生の合格体験記をご紹介します。入試対策や受験勉強に役立った参考文献の紹介など、MBAプログラムへの入学希望を持たれてから合格するまでの道のりを書いた貴重な体験レポートです。*この合格体験記は、あくまでも執筆者の個人的見解であり、神戸大学大学院経営学研究科の公式見解ではないことを付記します。

分林増幸さん (LVMHウォッチ・ジュエリージャパン株式会社勤務  2010年度入学生  栗木契ゼミ)

MBA教育の実際
第3回加護野忠男論文賞のご報告
  神戸大学のMBAプログラムは、2009年3月をもって20周年を迎えました。これを機に、これまで外部に開放していたMBA論文賞を衣替えして、新たに神戸大学内部で加護野忠男論文賞として再出発を図ることになりました。今年はその3年目ということになります。詳細はこちらから、審査講評はこちらからご覧下さい。
前期講義シラバスのご紹介
  2011年度前期講義シラバスを掲載しています。このシラバスは実際の授業で使われるものですので、神戸大学大学院MBAプログラムの講義の雰囲気を掴んで頂くことができるでしょう。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。
テーマプロジェクト発表会のご報告
  2011年1月8日(土)、神戸大学MBA1年生によるテーマプロジェクト研究発表会が行われました。2008年度より始まったテーマプロジェクト研究では、各学生が自主的に研究グループを構成し、研究課題を設定・調査し、仮説を検証します。当日の様子についてはこちらからご覧下さい。
審査会のご報告
  2011年2月12日(土)に神戸大学大学院MBAプログラム、3月修了生の審査会が行われました。今回の審査会では15人が合格しました。論文題目はこちらからご覧下さい。専門職学位論文の題目は一部、著者の都合により掲載を控えさせて頂いております。
ワーキングペーパーのご紹介
  ワーキングペーパーとは、専門職学位論文の中から特に優秀であると教員に認められたもののみ発行できるシステムです。ここでご紹介するのは、2010年度発刊のワーキングペーパーです。ご興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい。
海外ビジネススクールとの交流活動
  神戸大学MBAの学生とイギリスの提携校であるCranfield大学の学生との交流活動についてお伝えします。 2010年6月は日本で、2011年2月はイギリスで、企業訪問をはじめとする様々な交流活動を行いました。 こちらからご覧下さい。
研究活動
研究スタッフの著書紹介
  経営学研究科の研究スタッフの近著をご紹介します。
   
 
アメーバ経営学術研究会 編著 鈴木竜太 著(第6論文) 三矢裕 著(第7論文)
『アメーバ経営学 ―理論と実証―』
KCCSマネジメントコンサルティング株式会社(11月発行)
内田浩史 著
『金融機能と銀行業の経済分析』
日本経済新聞出版社(12月発行)
 
 
丸山雅祥 著 
『経営の経済学 BUSINESS ECONOMICS(新版)』
有斐閣(1月発行)
ACAP・社団法人消費者関連専門家会議 (編集) 蔵本一也(第4章) 著
『図解でわかる部門の仕事 改訂2版 お客様相談室』
日本能率協会マネジメントセンター(1月発行)
 
 
C.D.マッコーレイ、R.S.モクスレイ E.V.ヴェルサ 編 金井壽宏 監訳 嶋村伸明 リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所 訳
『リーダーシップ開発ハンドブック The Center for Creative Leadership:CCL』
碩学社(9月発行)
榎本博明 編著 金井壽宏(第10章)著
『カウンセリング心理学』
株式会社おうふう(4月発行)
 
研究スタッフの論文・エッセイ・インタビュー等
 

蔵本一也 准教授
<新聞>
 2011年2月8日(火)の読売新聞の朝刊にて、大学生の就職活動に関するコメントが掲載されました。
<雑誌>
 財団法人 関西消費者協会発行の「消費者情報3月号」において、2ページにわたり、「消費者保護関連3規格」というタイトルでISO10001、10002、10003についての解説をしています。
<テレビ>
 2011年3月27日(日)6:30〜 関西テレビ「月刊カンテレ批評」という番組で約15分間、メディアリテラシー及びCSRについてのコメントで出演致しました。

最近のディスカッション・ペーパーから
 

ディスカッション・ペーパーとは経営学研究科の教員が執筆する議論のための論文です。 これをもとに学会や研究会で発表し、改訂・修正を加えて論文として雑誌や本に掲載されます。ここでは1月〜4月に発刊されたディスカッション・ペーパーのアブストラクトをご紹介します。*一部閲覧不可とさせて頂いております。悪しからずご了承下さい。

   
 
2011・23
【社会医療法人・愛仁会のTQM活動 ―方針管理と業務改善― 】

執筆者 松尾睦 川上智子

2011・22
【実践のディシプリンとしての経営学】【閲覧不可】

執筆者 松嶋登

2011・21
【平成23年東北地方太平洋沖地震における損保株への影響 】

執筆者 高尾厚 山崎尚志

2011・20
【調査報告)宮大工企業の競争戦略−西澤工務店 西澤政男氏にきく− 】【要約のみ閲覧可】

執筆者 曽根秀一

2011・19
【中国におけるYKKグループの人材マネジメント改革】

執筆者 小泉大輔 前川尚大
      朴弘文 平野光俊

2011・18
【四半期財務諸表に基づく損益分岐点分析の信頼性】【閲覧不可】

執筆者 桜井久勝

2011・17
【Strategic Upfront Marketing Channel Integration as an Entry Barrier】【閲覧不可】

執筆者 松井建二

2011・16
【組織行動論におけるクリニカル・アプローチ -エドガー・H.シャインのアプローチとアクション・リサーチの一形態-】【要約のみ閲覧可】

執筆者 金井壽宏

2011・15
【MANAGING EMPLOYEES’ CITIZENSHIP BEHAVIORS AT WORKPLACES: GROUP LEVEL EFFECTS OF INTERDEPENDENCE AND AUTONOMY ON OCB】【閲覧不可】

執筆者 鈴木竜太 北居明

2011・14
【組織における公共性のマネジメントに関する一考察:職場コミュニティがもたらす秩序と協働】

執筆者 鈴木竜太

2011・13
【職場における創意工夫のマネジメント; 関わり合う集団の研究開発者の進取的行動への影響に関するクロスレベル分析】

執筆者 鈴木竜太

2011・12
【Institution works on innovation WORK: The linguistic institutionalization with bureaucratic principles in an innovative Japanese electronics company 】【閲覧不可】

執筆者 浦野充洋 松嶋登

2011・11
【老舗企業と地域との相互依存関係 −会津地方の事例を中心に− 】【閲覧不可】

執筆者 曽根秀一

2011・10
【Station catchment areas − the effects of express stops and distance to neighbouring stations】【閲覧不可】

執筆者 三古展弘  正司健一

2011・9
【Closed-Loop Supply Chains in the Electrical and Electronics Industry of Japan】

執筆者 島田智明 Luk N.Van Wassenhove

2011・8
【Effectiveness of ISO 9001 System Implementation in Japanese Companies】

執筆者 島田智明 岡本存喜

2011・7
【Continuous Improvement in Cellular Manufacturing: The Case of an Electronics Manufacturer in Japan】【要約のみ閲覧可】

執筆者 島田智明 倉田久

2011・6
【Intrinsic Motivation of Organ Transplant Coordinators in Europe and Japan】

執筆者 瓜生原葉子 上林憲雄 島田智明

2011・5
【マーケティングを振り返る】

執筆者 栗木契

2011・4
【The Effect of Governmental Subsidies and the Contractual Model on the Publicly-owned Bus Sector in Japan】【要約のみ閲覧可】

執筆者 酒井裕規 正司健一

2011・3
【人勢塾シラバス―組織、人事にポジティブ心理学を応用するために―】

執筆者 金井壽宏

2011・2
【A Theoretical Examination on Technological Safety and Organization】【閲覧不可】

執筆者 原拓志

2011・1
【Intrafirm trade, arm's-length transfer pricing rule, and coordination failure】【閲覧不可】

執筆者 松井建二