神戸大学MBA

アクセスマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 標準


◇2011年度入学生オリエンテーションご報告
 

◇2011年度専門職大学院(MBAプログラム)入学ガイダンスのご報告

神戸大学大学院経営学研究科専門職大学院(MBAプログラム)は、今年は69名の新入学生を迎えました。桜の開花も目前の3月26日(土)、本館306教室にて入学ガイダンスが行われました。ガイダンスは2部構成で、第I部では加護野忠男論文賞の選考結果と表彰式が行われ、第Ⅱ部では履修ガイダンス、教務上のオリエンテーション、研究科の関連組織の入会案内が行われました。

本年度の加護野忠男論文賞の受賞者は下記の方々で、第I部で表彰式と研究発表が行われました。
 金賞:光森進さん(上林憲雄ゼミ)「知識創造要因のマネジメントに関する実証研究 ?研究プロジェクトにおける役割機能の分担と「場」の構築?」
 銀賞:池田隆博さん(高橋潔ゼミ)「リーダーシップのストーリーテリング(語り部)機能に関する研究」
 銅賞:高村健一さん(櫻井久勝ゼミ)「食品製造業の競争優位に関する実証研究 ?国際優良企業の事例分析に基づいて?」

加護野忠男前神戸大学経営学研究科教授の講評では、外部審査員と喧々諤々(けんけんがくがく)の議論の末に金・銀・銅の賞が決まりましたが、いずれも職場における問題意識を学術論文に結実させた甲乙つけがたい優れた論文であることが強調されました。銀賞受賞の池田隆博さんは、奥さまが子供さんを連れて式典に参加されていました。ご夫婦で喜びを分かち合うなど、とてもアットホームな表彰式となりました。ワーク・ライフ・バランスを超えてワーク・ファミリー・スクール・バランスを実現し、立派な論文を書きあげた三氏に敬意を表します。

第Ⅱ部は、研究科長の金井壽宏教授による新入生歓迎の挨拶がありました。仕事とMBAの両立を図るべくこれからは時間管理が重要であること、MBAプログラムでの学びが人生における一皮むけた経験となるように頑張ってほしいと激励されました。

続いて前MBA教務委員の南知惠子教授より具体的な履修方法のガイダンスが行われました。その際、MBAプログラムにおける教員と学生の関係は、サービスの提供者とその受け手という関係ではなく、学習と研究を通じてともに向上していく同志であることが強調されました。

本学MBAの特色としてプロジェクト研究方式を挙げることができます。与えられた課題にグループで取り組む「ケースプロジェクト研究」および各自テーマを設定してプロジェクトに取り組む「テーマプロジェクト研究」の2つの授業があります。これら2つのプロジェクト研究の概要について「ケースプロジェクト研究」担当の三品和広教授と「テーマプロジェクト研究」担当の松尾博文教授より詳細説明が行われました。MBA学位論文は個々人の取り組みですが、プロジェクト研究はチームワークです。1チーム6人前後で構成された新入学生は早速チームビルディングを開始しました。

本学MBAのもう一つの特色はゼミに所属し、専門職学位論文を執筆することです。ゼミを担当する現代経営学演習担当者たちの自己紹介が行われました。今年度は、社会環境会計・環境経営の國部克彦教授、マーケティング・流通システムの黄りん教授、マーケティング・経営組織論の松尾睦教授、財務会計・国際会計の與三野禎倫准教授、経営管理・組織行動の鈴木竜太准教授が担当となります。ゼミ担当者としての抱負や新入学生に対する期待とともに専門領域の紹介が行われました。

本学には様々な国際交流協定に基づく留学の制度や事業がありますが、なかでもMBAの国際交流事業として、「日英産業事情応用研究」の講義を通じた英国クランフィールド大学との国際交流があります。担当者である波田芳治講師、中井正敏講師による科目の受講内容の説明に加え、昨年参加した修了生による交流体験が披露されました。クランフィールド大学の学生の受け入れに際し日本的な文化に触れてもらうイベントに知恵を出し合い喜んでもらうことの楽しさや、クランフィールド大学でのプレゼンテーション、企業訪問や懇親の様子など画像をまじえて充実した内容についての発表が行われました。

宮下教務係長による事務手続き上のガイダンスの後、経営学研究科の関連組織についての説明および入会案内の説明に移りました。本研究科とともに、経済学研究科、経済経営研究所および国際協力研究科により構成される「経済経営学会」があり、「国民経済雑誌」を発行していますが、この学会について編集委員の砂川伸幸教授より説明が行われました。

また、経営学研究科のNPO法人「現代経営学研究所」の組織と活動内容について、理事の平野(光)より、ワークショップや会誌ビジネスインサイトなど産学連携の事業内容が説明され、入会案内が行われました。最後に昨年度の修了生の北林孝顕さんと高村健一さんが登場し、コースワーク、プロジェクト研究、論文執筆における充実した経験を披露するとともに新入学生にエールを送りました。その後、大学生協レストラン「さくら」に場所を移して立食形式のウェルカムパーティーが行われました。金井壽宏研究科長による挨拶、MBAの同窓会組織「MBAカフェ」会長の大場規生さんによる乾杯の後、新入学生、教員それぞれが親睦を深めてガイダンスはすべて終了となりました。

3月11日、東日本を襲った地震・津波災害および福島第一原子力発電所の原子力災害により、日本は大変な国難に見舞われています。神戸大学も1995年1月に阪神淡路大震災に被災しました。その折り、東北、関東を含む多くの方々に、大きく温かいご支援をいただきました。あれから16年、壊滅的な被害を被った神戸の街も力強く復興しました。日本および日本人は幾多の大災害や戦災の都度たくましく復興を成し遂げてきた歴史的事実があります。復興をリードしていくのはわたしたち日本人ひとり一人です。犠牲者のご冥福を祈り、被災された方々を支援し、復興を信じ、社会人、家庭人、学生としての本分を尽くすことを誓って、本学MBAプログラムの新入学生の新しい生活が始まりました。私たち教員・職員もそれに全力で応えていきたいと思います。

 
【式次第】   2011MBA_program.pdf(75KB)
【資料】   Welcome to Kobe MBA Program! orientation_kanai.pdf(129KB)
修学ガイダンス orientation_minami.pdf(270KB)
 

(文責)平野光俊